コメントを入れる<!--/-->・<!--//-->・<!---->の使い方を覚えよう

 HTMLは文書の構造を決める重要な部分だ。

 ウェブ上の文書を記述するための言語のひとつ。

 文章の中に記述することでさまざまな機能を記述設定することができる。

 ブログをカスタマイズするときに、覚えておくと便利なのが<!--/ -->、<!--/ /-->、<!-- -->。

 <!--/ -->、<!--/ /-->、<!-- -->はテンプレート(ワードプレスならテーマ)にコメントを書き込むための記述だ。

テンプレートにコメントを入れる!--/ --、!--/ /--、!-- --の使い方

 使い方は<!--/文章など-->、<!--/文章など/-->、<!--文章など-->という風に記述してでHTMLの中に入れる。

 ブログやHPで表示したときに、『文章』の部分はは表示されない。

 テンプレートカスタマイズ用のコメントとして使うと便利。

コメントを書き込んだ場合の表示例

HTMLへコメントを書き込んだ場合1

これはコメントを入れる記述HTMLへ<!--/文章など--> と書き込んだ場合は

HPやブログでの表示は↓のようになる

これはコメントを入れる記述HTMLへ と書き込んだ場合は

HTMLへコメントを書き込んだ場合2

これはコメントを入れる記述HTMLへ<!--/文章など/--> と書き込んだ場合は

HPやブログでの表示↓

これはコメントを入れる記述HTMLへ と書き込んだ場合は

HTMLへコメントを書き込んだ場合3

これはコメントを入れる記述HTMLへ<!--文章など--> と書き込んだ場合は

HPやブログでの表示↓

これはコメントを入れる記述HTMLへ と書き込んだ場合は

  お分かりのように、<!--/ -->、<!--/ /-->、<!-- -->、どれでも同じ効果がある。

 こまめに、コメントを入れておくと、テンプレートをカスタマイズするときに楽。

 なお、ブログだけでなく、ホームページの作成にも使うことができる。

コメントアウトという使い方もある

 !--/ --、!--/ /--、!-- --を使って、テンプレート(テーマ)内の要素を表示させないような使い方もできる。

 こういう使い方をコメントアウトというらしい。

 たとえば「今は、この記述は表示させないが将来は必要になるかもしれないから削除はしたくない」という場合などに!--/ --、!--/ /--、!-- --で囲ってしまえば、ブログやHPで表示されなくなる。

スタイルシートにもコメントを入れる方法がある

 スタイルシートへコメントを入れる場合についてはこちらの記事を見てね

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WYSIWYG編集ができる無料HP作成ソフト「BlueGriffon」が使いやすい
Googleアドセンスの検索ボックスを編集したらコードが収得できなくなった場合の対処法
ブログのタイトルのSEO対策検索結果の順位を上げよう
GoogleAdsenseのはじめ方・まずは登録用のサイトを作ることから始めよう
MySQLの追加
シーサーブログ(seesaaブログ)を削除する方法
wordpressテーマSTINGER3のサイドバーのカテゴリー一覧とNEW ENTRYに背景色をつけてブロック分け
WordPressコメントフォームのメールアドレス記入を必須項目からはずしてプラグインで注意事項を書き加えてみた
レンタルサーバーミニバードの契約切れの対処
プラグインでWordPressのSEO
FC2ブログ記事直下に広告とランキングを自動的に挿入する
ページタイトルの問題点と改善点を把握して訪問者を増やそう
GoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」で訪問者を増やそう
FC2にログインできないときの対処
WordPressテーマTwenty Fourteen(バージョン 3.9.1)で記事下に広告を表示

Menu

HOME

 TOP