コメントを入れる<!--/-->・<!--//-->・<!---->の使い方を覚えよう

 HTMLは文書の構造を決める重要な部分だ。

 ウェブ上の文書を記述するための言語のひとつ。

 文章の中に記述することでさまざまな機能を記述設定することができる。

 ブログをカスタマイズするときに、覚えておくと便利なのが<!--/ -->、<!--/ /-->、<!-- -->。

 <!--/ -->、<!--/ /-->、<!-- -->はテンプレート(ワードプレスならテーマ)にコメントを書き込むための記述だ。

テンプレートにコメントを入れる!--/ --、!--/ /--、!-- --の使い方

 使い方は<!--/文章など-->、<!--/文章など/-->、<!--文章など-->という風に記述してでHTMLの中に入れる。

 ブログやHPで表示したときに、『文章』の部分はは表示されない。

 テンプレートカスタマイズ用のコメントとして使うと便利。

コメントを書き込んだ場合の表示例

HTMLへコメントを書き込んだ場合1

これはコメントを入れる記述HTMLへ<!--/文章など--> と書き込んだ場合は

HPやブログでの表示は↓のようになる

これはコメントを入れる記述HTMLへ と書き込んだ場合は

HTMLへコメントを書き込んだ場合2

これはコメントを入れる記述HTMLへ<!--/文章など/--> と書き込んだ場合は

HPやブログでの表示↓

これはコメントを入れる記述HTMLへ と書き込んだ場合は

HTMLへコメントを書き込んだ場合3

これはコメントを入れる記述HTMLへ<!--文章など--> と書き込んだ場合は

HPやブログでの表示↓

これはコメントを入れる記述HTMLへ と書き込んだ場合は

  お分かりのように、<!--/ -->、<!--/ /-->、<!-- -->、どれでも同じ効果がある。

 こまめに、コメントを入れておくと、テンプレートをカスタマイズするときに楽。

 なお、ブログだけでなく、ホームページの作成にも使うことができる。

コメントアウトという使い方もある

 !--/ --、!--/ /--、!-- --を使って、テンプレート(テーマ)内の要素を表示させないような使い方もできる。

 こういう使い方をコメントアウトというらしい。

 たとえば「今は、この記述は表示させないが将来は必要になるかもしれないから削除はしたくない」という場合などに!--/ --、!--/ /--、!-- --で囲ってしまえば、ブログやHPで表示されなくなる。

スタイルシートにもコメントを入れる方法がある

 スタイルシートへコメントを入れる場合についてはこちらの記事を見てね

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ブログのタイトルのSEO対策検索結果の順位を上げよう
Google のアカウントをもらおう
Googleにサイトユーザーの対象国を知らせる方法
FC2ブログの記事をWordPressにインストールする前に検索エンジンの重複ページペナルティ対策
プラグインPS Disable Auto  FormattingをFC2の記事をWordPressに取り込む前に導入しておかないと
FC2ブログのデーターバックアップの方法
スタイルシートにコメントを入れるには?
文字の大きさが変えられないのは、スタイルシートのフォントサイズ指定の単位が問題
FC2ブログの管理画面が新しくなったけど、使いにくくなった
WordPressの画像アップロードによるサーバー容量の消費を防ぐメディア設定
WordPressで使っていない画像を探して削除
WordPressツリー化プラグイン「小粋空間」のプラグインを使う方法
プラグインでWordPressのSEO
「WordPress アドレス (URL)」や「サイトアドレス (URL)」を書き換えたらwordpressの管理画面に入れなくなった
wordpressテーマSTINGER3のサイドバーのカテゴリー一覧とNEW ENTRYに背景色をつけてブロック分け

Menu

HOME

 TOP