シフトキー(Sift)で文節を変えると入力が楽になる

 シフトキー(Sift)で文節を変えると、入力が楽になる。

 例えば

 『しふときーをつかってぶんせつをかえるとにゅうりょくがらくになる』

 これを普通に変換すると

 『しふときーをつかってぶんせつをかえると入力が楽になる』

 これじゃーちょっとね。

シフトキー(Sift)で文節を変えよう

 文字を入力したら、シフトキーを押しながら、→←のキーを押すと文節が変わっていく。

 文節が変わったところで、変換キーをおす。

『しふときーをつかってぶんせつをかえるとにゅうりょくがらくになる』

 シフトキー(Sift)で文節を変えた後に変換キーを押すと

 『シフトキーを使って文節を変えると入力が楽になる』

 てなぐらいにちゃんと読める文章になるよ。

 文章で説明するとわかりにくいが、ま、やってみると簡単。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

シャットダウンとスタンバイ・スリープ、どれが一番節電になる?
Microsoft IMEの変換が変だと思ったら
Windowsパソコンのログオン(ログイン)パスワードを解除する
Androidスマートフォンのデータ完全削除・Xperia
ソフトはゴミ箱に捨ててはいけません!
ドコモケータイdatalinkでFOMA携帯のデータをPCの表計算ソフトで使えるようにする
付箋アプリがWindows10にない!
プリンターのインク・顔料と染料の違い
USBメモリーが『書き込み禁止になっています』の対処方法・基本編
データの上書き方式・ハードディスクやUSBメモリーのデータ破棄するとき
セキュリティソフトは削除が難しい
PDFのオリジナルスタンプはペイントとOpenOfficeWriterで簡単に作れる
IE11のwebページの印刷
平方メートルや立方メートルの単位を入力するには?
IEMを人名地名モードにして名前の入力で楽しよう

Menu

HOME

 TOP