シフトキー(Sift)で文節を変えると入力が楽になる

 シフトキー(Sift)で文節を変えると、入力が楽になる。

 例えば

 『しふときーをつかってぶんせつをかえるとにゅうりょくがらくになる』

 これを普通に変換すると

 『しふときーをつかってぶんせつをかえると入力が楽になる』

 これじゃーちょっとね。

シフトキー(Sift)で文節を変えよう

 文字を入力したら、シフトキーを押しながら、→←のキーを押すと文節が変わっていく。

 文節が変わったところで、変換キーをおす。

『しふときーをつかってぶんせつをかえるとにゅうりょくがらくになる』

 シフトキー(Sift)で文節を変えた後に変換キーを押すと

 『シフトキーを使って文節を変えると入力が楽になる』

 てなぐらいにちゃんと読める文章になるよ。

 文章で説明するとわかりにくいが、ま、やってみると簡単。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

音譜 はどうやって表示する?
noimage
スマートフォンの着信メッセージはどうやって削除する
セキュリティソフトは削除が難しい
Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」
キーの役割を変えることができるフリーソフト
住所も電話番号もばればれスマートフォンの架空請求
フレッツADSLを使ってる人はうっかりミスにご注意
Windowsパソコンが無線LAN内臓かを調べる方法
noimage
ゴミ箱に捨てても、フォーマットしてもパソコンの中身は消えません
ゴミ箱からファイルを復元する
GooglePlayからAndroidアプリをダウンロードしよう
Microsoftパワーポイントを開いたらパソコンがのっとられる?
付箋アプリがWindows10にない!

Menu

HOME

 TOP