シフトキー(Sift)で文節を変えると入力が楽になる

 シフトキー(Sift)で文節を変えると、入力が楽になる。

 例えば

 『しふときーをつかってぶんせつをかえるとにゅうりょくがらくになる』

 これを普通に変換すると

 『しふときーをつかってぶんせつをかえると入力が楽になる』

 これじゃーちょっとね。

シフトキー(Sift)で文節を変えよう

 文字を入力したら、シフトキーを押しながら、→←のキーを押すと文節が変わっていく。

 文節が変わったところで、変換キーをおす。

『しふときーをつかってぶんせつをかえるとにゅうりょくがらくになる』

 シフトキー(Sift)で文節を変えた後に変換キーを押すと

 『シフトキーを使って文節を変えると入力が楽になる』

 てなぐらいにちゃんと読める文章になるよ。

 文章で説明するとわかりにくいが、ま、やってみると簡単。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

USBメモリーが『書き込み禁止になっています』の対処方法・transcend製品の場合
csv形式を覚えておくと、データーの共有に役立つ
スマートフォンを安全に使いましょう
Windows10のプログラムの削除の方法
ゴミ箱に捨てても、フォーマットしてもパソコンの中身は消えません
スマートフォンの着信メッセージはどうやって削除する
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた
ドコモケータイdatalinkでFOMA携帯のデータをPCの表計算ソフトで使えるようにする
NumLkが原因かも「文字が打ち込めない、数字になる、日本語にならない」
パスワードディスクの使い方
基本的には電源ボタンを押して、パソコンを終わらせちゃだめよ
インターネットで誹謗中傷を見つけたときの相談窓口
パスワードを忘れてしまったらパスワードディスク(パスワードリセットディスク)を作ろう
WindowsでフォーマットできないUSBメモリーなどをフォーマットして再生するツール
『排紙トレーが閉じています』のエラーが出て印刷できないときの対処

Menu

HOME

 TOP