シフトキー(Sift)で文節を変えると入力が楽になる

 シフトキー(Sift)で文節を変えると、入力が楽になる。

 例えば

 『しふときーをつかってぶんせつをかえるとにゅうりょくがらくになる』

 これを普通に変換すると

 『しふときーをつかってぶんせつをかえると入力が楽になる』

 これじゃーちょっとね。

シフトキー(Sift)で文節を変えよう

 文字を入力したら、シフトキーを押しながら、→←のキーを押すと文節が変わっていく。

 文節が変わったところで、変換キーをおす。

『しふときーをつかってぶんせつをかえるとにゅうりょくがらくになる』

 シフトキー(Sift)で文節を変えた後に変換キーを押すと

 『シフトキーを使って文節を変えると入力が楽になる』

 てなぐらいにちゃんと読める文章になるよ。

 文章で説明するとわかりにくいが、ま、やってみると簡単。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
PDFのオリジナルスタンプはペイントとOpenOfficeWriterで簡単に作れる
キャプスロック Caps  Lockが有効になっているとひらがな入力や小文字が入力できなくなる
ファイルを削除するとどうなる?
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた
社内回覧の文書などに便利なPDFのスタンプ機能
パスワードディスクの保管にはご注意を
GALAXYデータの完全削除は2段階・システムメモリ初期化とハードリセット
USBメモリーが『書き込み禁止になっています』の対処方法・transcend製品の場合
noimage
このファイルだけは削除しては駄目です!
勝手に共有ホルダーのファイルが読み取り専用になってしまった
基本的には電源ボタンを押して、パソコンを終わらせちゃだめよ
パソコンが動かなくなった(フリーズした)ら、どう対処する?
印刷が勝手に縮小される

Menu

HOME

 TOP