プラグインのCSS(スタイルシート)を縮小してブログの表示速度を早くしよう

 FC2ブログのテンプレートのスタイルシートCSSの縮小は成功し、Googleの『PageSpeed Insights』でサイト分析で読み込み速度が遅くなる原因として、テンプレート本体のCSSは表示されなくなった。

 でも、なぜか見慣れないスタイルシート(CSS)http://keico.jp/…ub/plugin/kcTagCloud/v1.3/kcTagCloud.cssがまだ表示されている。

 この、CSSを縮小すると、データーサイズが 566 バイト(45%)削減できると表示されている。

 FC2ブログ本体のテンプレートのスタイルシートじゃないんだ。

 はて?このCSS何?

 わけがわからないので、このサイトをソース表示してみた。

 で、この、テンプレート本体でないCSSが何なのかわかったのでご報告。

プラグインとのCSSだった

 このブログでは、タグクラウドを表示するプラグインを導入している。

 kcタグクラウドV1.3というプラグインだ。

 この、プラグインで使われていたのがhttp://keico.jp/…ub/plugin/kcTagCloud/v1.3/kcTagCloud.cssというスタイルシート。

 当然、プラグインの提供サイトのスタイルシートだと思われる。

プラグインに使われているCSSを縮小してブログの表示速度を早くしよう

1、プラグインの『詳細』ボタンをクリック。

2、[HTMLの編集]をクリック。

3、<link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://・・・css">のhttpからcssまでをコピー。

4、http://e-optimize.jp/services/csstidy/css_optimiser.phpへアクセス。

5、CSS Input:のURLから入力:の入力欄へコピーしたCSSのURLを貼り付ける。

6、『圧縮率(コードレイアウト):』⇒「高(セレクタ1行表記)」、『プロパティをアルファベット順で整列』、『colorの値を簡略化する』、『 font-weightを数値にする』、『セレクタを小文字にする』、『不要なバックスラッシュを削除』、『最後のプロパティには ; をつけない』を選択し実行ボタンを押す。

7、下の欄に表示されたCSSをメモ帳などのテキストエディタに貼り付け、文字コードをUTF-7にして名前をつけて保存。

8、保存したファイルの名前の拡張子をcssに変更。

9、FC2ブログのファイルのアップロードから保存したファイルをアップロード。

10、アップロードしたファイルのURLとプラグインの元のURLを置き換える。

  30秒後に、Google『PageSpeed Insights』でサイト分析を掛けたところ、見事に『修正を考慮』『CSSの縮小』の項目は消えていた。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

FC2ブログテンプレートの文字の大きさを変えてみよう
Googleカスタム検索で自分のサイトへ戻るためのリンク設定をする
スタイルシートにコメントを入れるには?
レンタルサーバー・ミニバードへの仮登録方法
シーサーブログ(seesaaブログ)を削除する方法
1つのMySQL(データベース)で複数のブログを作る・WordPressの手動インストール
Googleの検索ボックスの便利な使い方1
またwordpressブログを消してしまった
WordPressコメントフォームのメールアドレス記入を必須項目からはずしてプラグインで注意事項を書き加えてみた
function.phpを含めたwordpressテーマの子テーマ化
Googleアドセンスってなに?
プラグインPS Disable Auto  FormattingをFC2の記事をWordPressに取り込む前に導入しておかないと
プロフィールを設定しないとログインIDがただもれになる・WordPressでブログを作る
WordPress月別アーカイブを横表示にしてフッターに配置してみた
FC2ブログの記事データーを他社のブログに流し込むこともできる

Menu

HOME

 TOP