プラグインのCSS(スタイルシート)を縮小してブログの表示速度を早くしよう

 FC2ブログのテンプレートのスタイルシートCSSの縮小は成功し、Googleの『PageSpeed Insights』でサイト分析で読み込み速度が遅くなる原因として、テンプレート本体のCSSは表示されなくなった。

 でも、なぜか見慣れないスタイルシート(CSS)http://keico.jp/…ub/plugin/kcTagCloud/v1.3/kcTagCloud.cssがまだ表示されている。

 この、CSSを縮小すると、データーサイズが 566 バイト(45%)削減できると表示されている。

 FC2ブログ本体のテンプレートのスタイルシートじゃないんだ。

 はて?このCSS何?

 わけがわからないので、このサイトをソース表示してみた。

 で、この、テンプレート本体でないCSSが何なのかわかったのでご報告。

プラグインとのCSSだった

 このブログでは、タグクラウドを表示するプラグインを導入している。

 kcタグクラウドV1.3というプラグインだ。

 この、プラグインで使われていたのがhttp://keico.jp/…ub/plugin/kcTagCloud/v1.3/kcTagCloud.cssというスタイルシート。

 当然、プラグインの提供サイトのスタイルシートだと思われる。

プラグインに使われているCSSを縮小してブログの表示速度を早くしよう

1、プラグインの『詳細』ボタンをクリック。

2、[HTMLの編集]をクリック。

3、<link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://・・・css">のhttpからcssまでをコピー。

4、http://e-optimize.jp/services/csstidy/css_optimiser.phpへアクセス。

5、CSS Input:のURLから入力:の入力欄へコピーしたCSSのURLを貼り付ける。

6、『圧縮率(コードレイアウト):』⇒「高(セレクタ1行表記)」、『プロパティをアルファベット順で整列』、『colorの値を簡略化する』、『 font-weightを数値にする』、『セレクタを小文字にする』、『不要なバックスラッシュを削除』、『最後のプロパティには ; をつけない』を選択し実行ボタンを押す。

7、下の欄に表示されたCSSをメモ帳などのテキストエディタに貼り付け、文字コードをUTF-7にして名前をつけて保存。

8、保存したファイルの名前の拡張子をcssに変更。

9、FC2ブログのファイルのアップロードから保存したファイルをアップロード。

10、アップロードしたファイルのURLとプラグインの元のURLを置き換える。

  30秒後に、Google『PageSpeed Insights』でサイト分析を掛けたところ、見事に『修正を考慮』『CSSの縮小』の項目は消えていた。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

FC2ブログの記事データーを他社のブログに流し込むこともできる
音譜 はどうやって表示する?
GoogleAdsenseのはじめ方・まずは登録用のサイトを作ることから始めよう
FC2ブログから引越し準備・データのダウンロード
wordpress記事一覧・更新日順、1ページの表示件数制御、ページャー対応コード
FC2ただいま混乱中?
FTPソフトWinSCPでサーバーのWordPressファイルを保存してたので窮地を逃れられました
Googleカスタム検索のメリットとデメリットをWordPress標準検索と比べてみよう
function.phpを含めたwordpressテーマの子テーマ化
WordPressの投稿の編集のテキストモード「code」は何?
WinSCPのバージョンアップ
WordPressをレンタルサーバーにインストール
シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法
ドメインもネット上の住所って言うけど
g+1ボタンを非同期に読み込んでwordpressの表示を高速化する

Menu

HOME

 TOP