ノートパソコンの電源が入らなくなったらバッテリーをはずしてみよう

 ある日突然、会社のノートパソコンの1台の電源が入らなくなった。

 今年4月に開設したばかりの部署で、パソコンも新しいもの。

 早々トラブルが発生するというのもおかしな話だが。

パソコンの電源が入らなくなった原因は?

 パソコンの電源が入らなくなった原因として考えられるのは以下の項目。

  1. ACアダプターがパソコンときちんとつながっていない。
  2. ACアダプターがコンセントときちんとつながっていない。
  3. ACアダプターの故障。
  4. 結露している。
  5. バッテリーが正しく装着されていない。
  6. バッテリーが劣化または消耗している。
  7. ノートパソコンの電源管理回路に異常が発生している。

 というわけで、まずは、ACアダプターがパソコンやコンセントときちんとつながっているかどうかを確認した。

 次にACアダプターを変えてみた。

 それでも、問題のノートパソコンの電源が入らない。

 ということは、問題はACアダプターじゃないということだ。

犯人はバッテリー

 ACアダプターに問題が無いので、次に疑わしいのはバッテリー。

 ACアダプターをつないだ状態で、バッテリーなんか関係ないと思うかもしれないが、どういうわけか、ACアダプターをつないでいてもバッテリーのせいでノートパソコンの電源が入らないという事態があるのだ。

 で、バッテリーをはずして、ACアダプターだけをノートパソコンにつないで見た。

 無事に、ノートパソコンの電源が入るようになった。

内臓バッテリーをたまには使ってやってね

 ACアダプターをつないでいてもバッテリーのせいでノートパソコンの電源が入らない。

 この現象、長年使っていると出てくることが多い。

 今回トラブルを起こしたノートパソコンは比較的新しいものなので、なかなかそこまで思いつかなかったのだが。

 なぜ、ACアダプターをつないでいてもバッテリーのせいでノートパソコンの電源が入らなくなるのかという原因ははっきりとはわからない。

 でも、内臓バッテリーはたまには電源として使ってやったほうがトラブルが生じる可能性が少なくなる。

 ちなみに、おいらの支給されているノートパソコンは、たまにACアダプターをはずして利用している。

 が、今回トラブルを起こしたノートパソコンは内臓バッテリーをつけてACアダプターもつけたまま利用し続けていた。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WindowsOSのメインストリームサポート期限と延長サポート期限どちらが重要?
Windows7をインストール後に最初に入れておきたいソフト8選
スマートフォンを安全に使いましょう
トランプのハートやダイヤ(♠ ♣)を表示する
ローマ字入力ができない→かな(KANA)ロックがかかってないか?
IE11のwebページの印刷
プリンターのインク・顔料と染料の違い
ファイルを削除するとどうなる?
Internet Explorer用セキュリティ更新プログラムはWindowsXPも対象
画像ファイル形式「WMF」の利用方法
ガラパゴス携帯(ガラケー・フィーチャーフォン)の予定表(スケジュール)をオフラインで、Android末端にコピー
PDFにはどんなメリットがある?
勝手に共有ホルダーのファイルが読み取り専用になってしまった
noimage
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた

Menu

HOME

 TOP