Googleカスタム検索で自分のサイトへ戻るためのリンク設定をする

 Googleアドセンスの検索向けアドセンスの検索結果に自分のサイトへ戻るためのリンクの設定ができることを知ったので皆さんにもご紹介。

 Googleカスタム検索で設定すれば、自サイトに戻るためのバナーをもっといろいろと設定できる。

Googleアドセンス検索向けアドセンスで自分のサイトへ戻るためのリンク設定をする

1、Googleアドセンスにログイン。

2、「広告の設定」⇒「検索」⇒「カスタム検索エンジン」をクリック。

3、編集したい検索ボックスのタイトルをクリック。

4、画面横の「デザイン」をクリック。

5、「カスタマイズ」⇒「ロゴ」をクリック。

6、「ロゴの画像 URL」にアップロードしたロゴのURLを記入。

7、「ロゴのリンク」にサイトのURLを記入。

8、「ロゴの高さ」をpxで記入。

9、「保存してコードを収得」

Googleカスタム検索をさらにカスタマイズしたい場合は

 Googleアドセンスの検索ボックスの設定では、ロゴの高さなどを編集できないので、ロゴの高さを編集したりした人は、Googleカスタム検索の管理画面で編集しなおすと良いと思う。

 Googleアドセンスの管理画面で作った検索ボックスはそのまま、Googleカスタム検索に反映されるので、いったん、アドセンスで作った検索ボックスや検索ページを編集することも出来る。

 また、Googleカスタム検索の管理画面で作った検索ボックスや検索結果のページをGoogleアドセンスの検索と連動させて、同じように広告収入になるように設定することも出来る。

 Googleカスタム検索HPはこちら  

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WordPressのTOPとアーカイブページで記事と記事の間に広告を入れる方法
パソコンでスマートフォンサイトの表示を確認する・Firefox
プロフィールを設定しないとログインIDがただもれになる・WordPressでブログを作る
function.phpを含めたwordpressテーマの子テーマ化
wordpressでPCと他のデバイスで表示を変える関数(タグ)
WordPressテーマTwenty Fourteen(バージョン 3.9.1)で記事下に広告を表示
スタイルシートの擬似要素after、beforeで前後に文字や画像を入れることができる
現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません
WordPressツリー化プラグイン「小粋空間」のプラグインを使う方法
プラグインPS Disable Auto  FormattingをFC2の記事をWordPressに取り込む前に導入しておかないと
wordpressの管理画面に入れなくなった場合の一番確実な解決法
FC2ブログの記事をWordPressにインストールする前に検索エンジンの重複ページペナルティ対策
コードを収得して、サイトにGoogleアドセンスの広告を貼り付けよう
FC2ブログの記事をテキストエディタでWordPress用に書き換えよう
プラグインのCSS(スタイルシート)を縮小してブログの表示速度を早くしよう

Menu

HOME

 TOP