お金を掛けたくない人はGoogleBloggerをサーバーにすると良いかも

 独自ドメインでブログを運営したい。

 けどサーバー代を払うのはいやだ。

 と思った人はGoogleBloggerを独自ドメインで運営すると良いかもしれない。

GoogleBloggerのメリット

GoogleBloggerは独自ドメインの利用が無料

 たいていの無料ブログは、独自ドメインを使うのに料金がかかるのだが、GoogleBloggerは独自ドメインを利用したブログを無料で運営できる。

GoogleBloggerは複数ブログを運営できる

 GoogleBloggerは100個までブログを作ることができるそうだ。

GoogleBloggerは広告がない

 Bloggerの場合サイトのしたにBloggeへのリンクがあるだけ。

 スマートフォン表示はWordPressと同じようにレスポンシブデザイン。

 最近オプションでスマートフォン専用テンプレートも設定できるようになったらしい。

GoogleBloggerのデメリット

複数ブログのプロフィールや投稿者名が同じになってしまうのがいや

 プロフィールや投稿者名が複数ブログで同じになってしまうのがいや!

 という人。

 おいらも、そう思っていた。

 が、どうもデフォルトのtagを使わなければ、別のプロフィールや投稿者名を表示させることができるようだ。

 "デフォルトの Blogger タグを使用するのではなく、使用する表示名やプロファイル情報をテンプレートに直接入力します。"

 参照)https://support.google.com/blogger/answer/42532?hl=ja

 というヘルプページを見つけた。

 プロフィールはウィジェットを非表示にすればすむが、投稿者名だけはどうしようもないと思っていたので最近利用していなかったのだ。

 カスタマイズすればプロフィールとか投稿者名もGoogleアカウントとは無関係に表示できるようだ。

 ただ方法が良くわからない。

 そのうち方法がわかったら皆様にもお知らせしたい。

いきなりGoogleアカウントそのものが削除される危険がある

 何かの拍子にGoogleの規約に触れると強制的にブログが削除されてしまう可能性があるそうだ。

 同時にGoog;leアカウントもロックされたとか言う話もあるようで・・・。

 Google厳しいからなあ。

GoogleBloggerのアップロード画像は基本的に Picasa ウェブ アルバムに保存される

 無料容量を超えると追加の容量を購入しないと新しい画像をアップロードできない。

 画像から身元がばれるとかいう可能性も複数ブログを運営してるとあるかもしれない。

管理画面の動作が遅い

 GoogleBloggerの管理画面は動作が重い。

 実はこれが一番のネックかも。

 昔のシーサーブログ波に動作が遅い。

 上の3点さえクリアできれば、独自ドメイン運用の無料サーバーとしてお勧めだと思う。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ドメイン選びの注意点
description次第で検索順位が変わる・訪問者が増える
WordPressのサイトマップをGooglewebマスターツールに登録しよう
wordpressテーマSTINGER3のスマートフォン表示の【NEW ENTRY】のアイキャッチ画像を非表示にする
WordPressテーマTwenty Fourteen(バージョン 3.9.1)で記事下に広告を表示
色コードの収得に便利な無料ソフト・ウェブカラークリエイター
一番初めにWordPressの自動整形機能を止めるプラグインを入れよう
FC2ブログから引越し準備・データのダウンロード
FTPソフトWinSCPでサーバーのWordPressファイルを保存してたので窮地を逃れられました
WordPress4.0、「ウインドウの高さに合わせてエディターを広げる」機能のON・OFF
似た文章やHTML、スタイルシートなどの違いを比較するソフト
Googleアドセンスのサイト内検索ボックスのトラブル
Googleアドセンスの新しい管理画面は、解析能力が優秀
スタイルシートの擬似要素after、beforeで前後に文字や画像を入れることができる
MySQLの追加

Menu

HOME

 TOP