Bingウェブマスターツールに登録するとサイト訪問者が増えるかも

 Bingウェブマスターツールに登録してみよう。

 Bingウェブマスターツール(旧MSN ウェブマスターツール)はMicrosoftのウェブマスターツールだ。

 Bingウェブマスターツール(旧MSN ウェブマスターツール)に登録するとサイトの存在をBing検索エンジンに伝えることができる。

 Google Search Console (サーチコンソール・旧Google ウェブマスター ツール)と同じように、サイトの分析などもできる。




Bing検索エンジンとは?

 Bing検索エンジンはMicrosoftの提供している検索エンジン。

 iOSはこのBing検索エンジンを採用しているそうだ。

 検索エンジン全体のシェアとしては、Google検索エンジンに次ぐ2番目。

 3番目は、バイドゥ(主に中国)。

 Bingウェブマスターツールに登録するとiOSユーザーの訪問は増えるかも。

Bingウェブマスターツールの登録に必要なもの

 Bingウェブマスターツールの登録はMicrosoftのアカウントがなくても、GoogleアカウントかFaceBookのアカウントがあれば簡単にできる。

 あとは登録するサイトと登録用サイトマップ。

Bingウェブマスターツールの登録ができるアカウント

 Bingウェブマスターツールの登録ができるアカウントは

Microsoftアカウント
Googleアカウント
フェイスブックアカウント

 の3つ。

 どれか一つアカウントがあれば3分でサイトの登録ができる。

 おいらはGoogleアカウントでBingウェブマスターツールの登録したが、あっという間に登録が済んでしまった。

 皆さんもMicrosoftアカウントは持ってなくても、GoogleアカウントかTwitterアカウントは持ってるはず。

サイトマップを用意しよう

 BingウェブマスターツールもGoogle Search Console (サーチコンソール・旧Google ウェブマスター ツール)もサイトの登録にはそのサイトのサイトマップが必要。

 WordPressならサイトマップを作るプラグインがいろいろあるのでそれを利用する。

 おいらは【XML Sitemap Generator】というプラグインを使っている。

 FC2ブログやシーサーブログは自動でサイトマップを作ってくれる。

 FC2ブログやシーサーブログのサイトマップは「http://ブログのURL/sitemaps.xml」という形になる。

 また、FC2サイトマップを利用するとFC2以外のサイトでもサイトマップを作ってくれる。

GoogleアカウントでBingウェブマスターツールの登録をしてみよう

 ではさっそく、Bingウェブマスターツールの登録をしてみよう。

 Googleアカウントで登録する。

1.Bingウェブマスターツールにアクセスする。
2.〔サインイン〕を押す。
サインイン-Bingウェブマスターツール

[サインイン-Bingウェブマスターツール]

3.アカウントを選ぶ。
アカウントを選ぶ-サインイン-Bingウェブマスターツール

[アカウントを選ぶ-サインイン-Bingウェブマスターツール]

4.プロファイル画面が出てくるので、必須項目を記入し、〔保存〕を押す。

 赤い枠内は必須項目。

プロファイル画面-Bingウェブマスターツール

[プロファイル画面-Bingウェブマスターツール]

4.〔サイトの追加〕を押す。
5.サイトのURL、サイトマップを記入し、〔保存〕を押す。
URLとサイトマップを記入し保存ボタンを押す-Bingウェブマスターツール

[URLとサイトマップを記入し保存ボタンを押す-Bingウェブマスターツール]

6.サイトに所有権確認のためのメタタグを挿入する。
「オプション 2」を選択-Bingウェブマスターツール

[「オプション 2」を選択-Bingウェブマスターツール]

6-1)サイト確認の方法を選択する。

「オプション 1: Web サーバーに XML ファイルを配置します」、「オプション 2: <meta> タグをコピーして既定の Web ページに貼り付けます」、「オプション 3: CNAME レコードを DNS に追加します」の中から、一つを選ぶ。

今回の場合、「オプション 2: <meta> タグをコピーして既定の Web ページに貼り付けます」を選択。

6-2)<meta>タグをコピーする。
7.コピーした<meta>をサイトの<head>~</head>の間に張り付ける。

 simplicity2の場合、header-insert.phpに張り付ける。

メタタグを張り付ける-simplicity2の場合-Bingウェブマスターツール

[メタタグを張り付ける-simplicity2の場合-Bingウェブマスターツール]

8.Bingウェブマスターツールの所有権の確認で〔確認〕を押す。
確認ボタンを押す-Bingウェブマスターツール

[確認ボタンを押す-Bingウェブマスターツール]

9.サイトマップは送信してから数日間は『保留中』となるようなので、焦らずそのまま待つ。
サイトマップ登録終了画面-Bingウェブマスターツール

[サイトマップ登録終了画面-Bingウェブマスターツール]

 「保留中」ではなくなるまで1週間ぐらいかかるらしい。