Google検索の通貨換算機能はちょっといまいちかな

 Googleの検索の便利な使い方NO3.

 Google検索には、前に紹介した、電卓機能・単位変換・スペルチェック ・ローカル情報検索・映画検索 、天気予報・世界各地の現在時刻・郵便番号・地震情報・株価を検索・単位の変換のほかにも、通貨換算の機能なんかもある。




Google検索の通貨換算

 通貨換算をしたい場合の入力の仕方は、どうも形が決まっているらしい。

 『○○円を米ドルに』『○○円を豪ドルに』

 例えば、Googleの検索ボックスに↓のように入力した場合どういう風にでるか?

 『100円を100円をアメリカドルへ』と入力した場合⇒もしかして: 100円を米ドルへ

 100円を米ドルへのリンクをクリックすると検索ボックスの中に、『100円を米ドルへ』と言う文字が自動入力されるので『検索ボタンをクリック』しても、換算結果は残念ながらでてこない。

 ちなみに『100円をアフリカランドへ』とか『100円を南アランドへ』と入力してもでてこない。

 もうちょっと融通が利くと使い勝手もいいんだけど。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする