色コードの収得に便利な無料ソフト・ウェブカラークリエイター

 ブログやホームページを作っていると、「使っているテンプレートの部分的な色が何色なのか知りたい」とか、「Aの部分とBの部分の色を合わせたい』なんて場合がある。

 こんなときに便利なのがカラーピッカー・スポイトと言われるソフト。

 今回ご紹介するのは、カラーコード(色コード)を収得する無料ソフト・ウェブカラークリエイター・webcc。

 

 ウェブカラークリエイターはウエブ上のページのカラーコード(色コード)を簡単に収得出来る。

 カラーピッカーといわれるソフトもいろいろあるが、このソフトが一番使い易かった。

ウェブカラークリエイターの利用環境

動作OS: Windows XP/Me/98

ウェブカラークリエイターの使い方

 赤いまるで囲われた、スポイト状の画像をページの色コードを知りたい場所に、ドラックすると、カラーコード・カラーネームが表示される。

ウェブカラークリエイター

 上のスライドバーでは、作りたい色をプレビューしながら、色調調整が出来るようになっている。

ウェブカラークリエイターの特徴

  • レジストリをいじっていないため、安心して、ダウンロードできる。
  • 16進法、カラーネーム、RGBでカラーを収得・調整できる。

 ウエブサイトの製作・ブログのカスタマイズなんかにとても便利。

ウェブカラークリエイターのダウンロードサイト

コメント

  • カラークリエータでカラーを知りたい

    by 匿名    2015年5月23日 10:53 PM

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Googleの検索ボックスの便利な使い方1
URLの形式は?ディレクトリ形式?サブドメイン形式
パソコンでスマートフォンサイトの表示を確認する・Firefox
wordpressは半角のダブルクォーテーションが勝手に全角に変換されて表示される
プラグインでWordPressのSEO
Googleカスタム検索のメリットとデメリットをWordPress標準検索と比べてみよう
人気のフィード(RSS)リーダーfeedlyを設置してみた
WordPressで悪戦苦闘中
Googleアカウントを習得したら、アドセンスにサイトを登録してみよう
Googleアドセンスを設置したページ読み込みパフォーマンスを向上させるための対策
FC2ブログの全記事リストを表示する時のHTMLタグと注意点
Googleアドセンスの検索ボックスを編集したらコードが収得できなくなった場合の対処法
独自ドメインをレンタルサーバーに登録する・ムームードメイン&レンタルサーバーミニバード
似た文章やHTML、スタイルシートなどの違いを比較するソフト
プラグインPS Disable Auto  FormattingをFC2の記事をWordPressに取り込む前に導入しておかないと

Menu

HOME

 TOP