ウインドウズOSの正規ユーザー専用の無料セキュリティソフト

  ウインドウズOSの販売元、マイクロソフトでも、無料のセキュリティ対策ソフトを提供している。
 とはいえ、発表されたのは、2009年。

  ただし、ウインドウズOSの正規ユーザーしか対象にしていない。

 また、初心者でも直感的に使いやすい使用になっている。


Microsoft Security Essentialsのインストール方法

1、他のウイルスソフトなどを使っている場合、先にソフトの削除(アンインストール)をしておく。
 通常は、ウイルスソフト・セキュリティソフトごとに、アンインストールツールが付属しているので、ツールを使って、アンインストールする。

2、Microsoft Security EssentialsのWebサイトへアクセス。

3、インストールするパソコンのOSをプルダウンから選択。

4、「無料でダウンロード」をクリック。

5、ダウンロードしたセットアップファイル(mseinstall.exe)をダブルクリック。

6、インストールウィザードが開始される。

7、ソフトウェア ライセンスに「同意します」をクリック。

8、カスタマー エクスペリエンス向上プログラムへ参加するか否かを選択し、次へをクリック。

9、「ファイアウォールが有効でない場合に Windows ファイアウォール を有効にする(推奨)」にチェックを入れて、「次へ」をクリック。

10、「インストール」をクリック。

11、「完了」ボタンをクリックすると、ソフトが起動します。

12、インストールが完了すると、「Microsoft Security Essentials」が起動し、パターンファイルをアップデートします。

13、 アップデートが完了すると、自動でシステムの主要な部分をスキャンする、「クイックスキャン」が始まります。

14、スキャンが完了すると、スキャンの結果が表示される。
 問題なければ緑色アイコン、注意が必要なら黄色、危険なら赤色が表示されます。

15、問題があるファイルが見つかったら、削除ボタンをクリックする。


 初回のクリックスキャンが終わると、マルウェアやスパイウェアからリアルタイムで保護してくれる。

 ウイルスパターンファイルは自動更新されるので、手動設定する面倒がない。

マルウェア  スパイウェア  Microsoft  Security  ファイアウォール

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

ウィンドウズ7ダウンロード版インストールしてみた

noimage

ブログやホームページ作成に便利な、HTMLエディタ

noimage

カウンター張替え!

noimage
noimage

Windows7のインストール用USBメモリーを作成する

noimage

Googleアドセンスの検索ボックスが文字化けしていた

noimage
noimage
noimage

サジェスト機能って、一体何?

noimage

Skypeから固定電話や携帯電話と通話する方法

noimage

Menu

HOME

 TOP