Googleアドセンスの非同期バージョンを入手する

 サイトの読み込みパフォーマンスを向上させる対策で、手をつけやすいのは・JavaScriptの削除、・Googleアドセンスのコードを非同期のものと置き換えるといったあたりだ。

 Googleアドセンスのコードを非同期のものと置き換える対策は特に専門的な知識がなくてもできる。

Googleアドセンスのスクリプトの非同期バージョンを入手する・以前のコードを利用する

1、Googleアドセンスの管理画面から『広告の設定』をクリック。

2、広告ユニットの一覧から、目当ての広告ユニットの『コードを収得』をクリック。

3、『コードタイプ』で『非同期』を選択。

4、右クリックしてコピー。

5、サイトのアドセンスコードをコピーしたものに書き換える。

新規にGoogleアドセンスのスクリプトの非同期バージョンを入手する

1、Googleアドセンスの管理画面から『広告の設定』をクリック。

2、『新しい広告ユニットを作成』をクリック。

3、広告のタイプやリンク、背景色などを選択してコードを収得。

4、コードを右クリック⇒コピー。

5、サイトのアドセンスコードをコピーしたものに書き換える。

コードの張替えなしで同期非同期の切り替えできるともっと便利なのに

 Googleアドセンスの同期・非同期はコードを張り替えないと選択できない。

 以前にサイトに貼り付けたコードを全部張り替えるのは大変だ。

 コードの張替えなしで、同期・非同期の切り替えができるともっと便利なんだけど。

  そこまで親切なつくりではないようだ。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

wordpress記事一覧・更新日順、1ページの表示件数制御、ページャー対応コード
お金を掛けたくない人はGoogleBloggerをサーバーにすると良いかも
無料ブログサービスならSeesaaブログ もお勧め
Googleアドセンスの検索ボックスを編集したらコードが収得できなくなった場合の対処法
WinSCPのバージョンアップ
wordpressは半角のダブルクォーテーションが勝手に全角に変換されて表示される
Googleカスタム検索のメリットとデメリットをWordPress標準検索と比べてみよう
FC2ブログの記事データーを他社のブログに流し込むこともできる
Googleアカウントを習得したら、アドセンスにサイトを登録してみよう
FTPソフトWinSCPでサーバーのWordPressファイルを保存してたので窮地を逃れられました
旧FC2ブログの訪問者を新サイトに自動的に誘導するmeta
シーサーブログ(seesaaブログ)を削除する方法
WordPressをレンタルサーバーにインストール
WordPress月別アーカイブを横表示にしてフッターに配置してみた
WordPressで悪戦苦闘中

Menu

HOME

 TOP