Googleアドセンスの非同期バージョンを入手する

 サイトの読み込みパフォーマンスを向上させる対策で、手をつけやすいのは・JavaScriptの削除、・Googleアドセンスのコードを非同期のものと置き換えるといったあたりだ。

 Googleアドセンスのコードを非同期のものと置き換える対策は特に専門的な知識がなくてもできる。

Googleアドセンスのスクリプトの非同期バージョンを入手する・以前のコードを利用する

1、Googleアドセンスの管理画面から『広告の設定』をクリック。

2、広告ユニットの一覧から、目当ての広告ユニットの『コードを収得』をクリック。

3、『コードタイプ』で『非同期』を選択。

4、右クリックしてコピー。

5、サイトのアドセンスコードをコピーしたものに書き換える。

新規にGoogleアドセンスのスクリプトの非同期バージョンを入手する

1、Googleアドセンスの管理画面から『広告の設定』をクリック。

2、『新しい広告ユニットを作成』をクリック。

3、広告のタイプやリンク、背景色などを選択してコードを収得。

4、コードを右クリック⇒コピー。

5、サイトのアドセンスコードをコピーしたものに書き換える。

コードの張替えなしで同期非同期の切り替えできるともっと便利なのに

 Googleアドセンスの同期・非同期はコードを張り替えないと選択できない。

 以前にサイトに貼り付けたコードを全部張り替えるのは大変だ。

 コードの張替えなしで、同期・非同期の切り替えができるともっと便利なんだけど。

  そこまで親切なつくりではないようだ。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

パソコンでスマートフォンサイトの表示を確認する・Firefox
FTPクライアントソフト「WinSCP」インストールとサーバー接続設定
文字の大きさが変えられないのは、スタイルシートのフォントサイズ指定の単位が問題
GooglePlayアプリのダウンロードサイトへのリンクバナーを作ろう
GoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」で訪問者を増やそう
WordPressのTOPとアーカイブページで記事と記事の間に広告を入れる方法
function.phpを含めたwordpressテーマの子テーマ化
「WordPress アドレス (URL)」や「サイトアドレス (URL)」を書き換えたらwordpressの管理画面に入れなくなった
広告や画像を横並べにするHTML
WYSIWYG編集ができる無料HP作成ソフト「BlueGriffon」が使いやすい
wordpressテーマSTINGER3のスマートフォン表示の【NEW ENTRY】のアイキャッチ画像を非表示にする
WordPressの投稿の編集のテキストモード「code」は何?
WordPress4.0にバージョンアップしたらプラグインのインストールがわかりにくくなった
WordPress4.0にバージョンアップするとどこが変わった?
FC2にログインできないときの対処

Menu

HOME

 TOP