MoneyLookのCSVファイルをMoney通帳に取り込む

 Money通帳にMoneyLookで取り込んだ、CSVファイルを取り込んでみよう。

 Money通帳に取り込むことのできるCSVファイルの形式のひとつ、住信SBIネット銀行のCSVファイルは"日付","内容","出金金額(円)","入金金額(円)","残高(円)","メモ"の順番で並んでいる。

 MoneyLookで取り込んだ、CSVファイルは取引日,出金,入金,残高,摘要,備考,取引先支店名,メモの順番。

 と言うわけで、MoneyLookで取り込んだ、CSVファイルをオープンオフィスで取り込んで、セルを挿入して順番をかえる。


MoneyLookで取り込んだ、CSVファイルを住信SBIネット銀行のCSVファイル形式に変更する。

1、ファイルを指定して開くをクリックすると、テキストのインポート画面が出て来る。

2、テキストのインポート画面で、文字列をUTF-8に指定してOKをクリック。

3、オープンオフィスでセルの名称と順番を日付、内容、出金金額(円)、入金金額(円)、残高(円)、メモに入れ替える。
 取引日→日付、摘要→内容、出金→出金金額(円)、入金→入金金額(円)、残高→残高(円)。
 住信SBIネット銀行のCSVファイルをメモ帳で開いておいて、コピー→形式を選択して貼り付け→書式設定されていないテキストを選択してOKで貼り付けると、簡単かも。

4、備考,取引先支店名は列を削除。

5、住信SBIネット銀行のCSVファイルは日付の形式がYYYY/MM/DDなので、日付の形式をYYYY/MM/DDにする。
 日付の列を右クリック→セルの書式→分類の日付をクリック、書式を書式コードがYYYY/MM/DDになるよう1999/12/31を選択して、OKをクリック。

6、いったん、オープンオフィスの本来の書式で保存。
 ファイルの種類を表計算ソフトにして、名前をつけて保存する。

7、CSVファイルとして保存する。
 ファイル→名前をつけて保存→ファイルの種類をCSVファイルに選択→OKをクリック。
 選択した書式を保持のボタンをクリック。
 フィールドの区切り文字は,を選択。
 テキストの区切りは"を選択して、OKをクリック。


 で、ここまでの操作でも完全には同じにならない。

 が、これで、Money通帳にはちゃんとデータを取り込むことができる。

 

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

ApacheOpenOfficeCalcの選択リスト機能で簡単入力

noimage

WindowsXPのアップグレードの注意

noimage

エレコムの外付けテンキーを買った

noimage
noimage

Windows Live メッセンジャーで無料通話

noimage
noimage

Linuxにもいろいろある

noimage

Windows.oldフォルダの開き方

noimage
noimage

Linuxのメリットとデメリット

noimage

Googleアドセンスの検索ボックスが文字化けしていた

Yhooポイントで、寄付

Yhooポイントで、寄付

noimage
noimage

EV SSL証明書を利用するためのパソコンの設定

noimage

Menu

HOME

 TOP