無料ブログのドメイン形式によって、アクセス数に差が出てくる

 無料ブログのドメイン形式によって、サイトのアクセスに差が出る。

 ドメインの形式によって、検索エンジンは、そのブログを独立したものと見てくれたり、逆に、そのサーバーのすべてのブログのうちのひとつのコンテンツとみなしたりするのだそうだ。

 どの無料ブログのサーバーを選んだらいいか考えるときに、ドメイン形式を知っておくと、サイト運営のスタートラインから違ってくる。

無料ブログのドメイン形式

ディレクトリ形式

http://blog.ABC.jp/×××/といったようなサーバー名(ドメイン名)の後にブログIDなどが入っている形式。

 サブドメイン形式

 http://×××.ABC.com/といったような、サーバー名(ドメイン名)の前にブログのIDなどが入っている形式。

 SEOにはサブドメイン形式が有利

 SEO的には、サブドメイン形式が有利だと言われている。

  検索エンジンは現在のところ、サブドメイン形式のブログ(サイト)に関しては、ひとつの独立したブログ(サイト)とみなしている。

 ディレクトリ形式のブログやサイトは、そのドメインの中のひとつのコンテンツとみなすのだそう。

 例えば、http://blog.ABC.jp/×××/は、ABCと言うサイトの××というコンテンツページ(あるいは、カテゴリページ)に過ぎないとみなす。

  さらに、Googleの検索エンジンは、ひとつのサイトの中で同じキーワードを使ったページの検索結果表示は2件までなんだそうだ。

 ディレクトリ形式のブログの場合、無数にある同一ドメイン名のブログの中で、上位2位までにサイトが入らなければ、Googleの検索結果に表示されないってこと。

  また、例えば、ディレクトリ形式のサイトの場合、他のサイトが検索エンジンからペナルティを食らうと、他のサイトも同じサイトのコンテンツとみなされダイレクトに影響がでてしまうといわれている。

  ディレクトリ形式の場合、FC2ブログ・シーサーブログ・ブロガーなどはサブドメイン形式。

 livedoorはディレクトリ形式(有料版はサブドメイン形式なのだそうだ)。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

FTPソフトWinSCPでサーバーのWordPressファイルを保存してたので窮地を逃れられました
文字の大きさが変えられないのは、スタイルシートのフォントサイズ指定の単位が問題
WordPressで画像が表示されなくなったら
RSSボタンをスタイルシートで作ってみたよ
スタイルシート(CSS)を縮小・具体例
シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法
WordPress(オープンソースのテンプレート)が使えるレンタルサーバー
WordPressにFC2ブログの画像を取り込む
WordPress4.0にバージョンアップしたらプラグインのインストールがわかりにくくなった
FC2にログインできないときの対処
人気のフィード(RSS)リーダーfeedlyを設置してみた
Googleアドセンスってなに?
Googleアドセンスの非同期バージョンを入手する
WordPressをレンタルサーバーにインストール
FC2ブログカスタマイズ「拍手ボタンの設置・拍手を自由な位置に配置する」

Menu

HOME

 TOP