経過した月数や週数、日数を換算する・ExcelとApacheOpenOfficeCalc

 ExcelやApacheOpenOfficeCalcで経過した月数や週数、日数を換算する方法。

 経過年数は、Excelなら「DATEDIF関数 」と「 TODAY関数」を使う。

 ApacheOpenOfficeCalcの場合「YEARS」と「TODAY」を使う。

 Excel・ApacheOpenOfficeCalcでの経過年数の計算を行う方法はこちらの記事を見てね

 では?月数や週数、日数を換算する方法は?

Excelで経過月数を計算する方法

1、起点となる年月日(生年月日など)をセルに入力。

2、経過月数を表示したいセルをクリック。

3、『=DATEDIF(』を記入。

4、起点となる年月日のセルをクリック。

5、『,TODAY(), "M")』を記入。

6、Enterキーを押す。

例)下の表のC2のセルに入力した年月日からの経過月数をE2のセルに表示、する場合『=DATEDIF(C2,TODAY(), "m")』となる。

経過月数・週数・日数を計算する数式・Excel・ApacheOpenOfficeCalc

ApacheOpenOfficeCalcで経過月数を計算する方法

1、起点となる年月日(生年月日など)をセルに入力。

2、経過年数を表示したいセルをクリック。

3、『=MONTHS(』を記入。

4、起点となる年月日のセルをクリック。

5、『;TODAY();0)』を入力。

例)下の表のC2のセルに入力した年月日からの経過月数をE2のセルに表示、する場合『=MONTHS(C2;TODAY();0)』となる。

経過月数・週数・日数を計算する数式・Excel・ApacheOpenOfficeCalc

Excelで経過週数を計算する場合

1、起点となる年月日(生年月日など)をセルに入力。

2、経過月数を表示したいセルをクリック。

3、『=DATEDIF(』を記入。

4、起点となる年月日のセルをクリック。

5、『,TODAY(), "D")/7』を記入。

6、Enterキーを押す。

例)下の表のC2のセルに入力した年月日からの経過週数を表示する場合『=DATEDIF(C2,TODAY(), "D")/7』となる。

経過月数・週数・日数を計算する数式・Excel・ApacheOpenOfficeCalc

ApacheOpenOfficeCalcで経過週数を計算したい場合

1、起点となる年月日(生年月日など)をセルに入力。

2、経過年数を表示したいセルをクリック。

3、『=WEEKS(』を記入。

4、起点となる年月日のセルをクリック。

5、『;TODAY();1)』を入力。

例)下の表のC2のセルに入力した年月日からの経過月数を表示する場合『=WEEKS(C2;TODAY();1)』となる。

*引数が1になっているのは、ApacheOpenOfficeCalcの週の初めが週の始まりが月曜日空の計算になっているため。
 「日曜→月曜」になるとき 1 となる。

経過月数・週数・日数を計算する数式・Excel・ApacheOpenOfficeCalc

Excelで経過日数を計算する

1、起点となる年月日(生年月日など)をセルに入力。

2、経過月数を表示したいセルをクリック。

3、『=DATEDIF(』を記入。

4、起点となる年月日のセルをクリック。

5、『,TODAY(), "D")』を記入。

6、Enterキーを押す。

例)下の表のC2のセルに入力した年月日からの経過週数を表示する場合『=DATEDIF(C2,TODAY(), "D")』となる。

経過月数・週数・日数を計算する数式・Excel・ApacheOpenOfficeCalc

ApacheOpenOfficeCalcで経過日数を計算したい場合

1、起点となる年月日(生年月日など)をセルに入力。

2、経過年数を表示したいセルをクリック。

3、『=DAYS(』を記入。

4、『TODAY();』を入力。

5、起点となる年月日のセルをクリック。

例)下の表のC2のセルに入力した年月日からの経過月数を表示する場合『=WEEKS(TODAY();C2)』となる。

*TODAY()と起点になる年月日が入力されているセルが他の数式と逆になっている。

*日数計算の場合、引数の設定はない。

経過月数・週数・日数を計算する数式・Excel・ApacheOpenOfficeCalc

 Excel・ApacheOpenOfficeCalcとも『TODAY()』は計算する当日の関数式なので、この部分を変更すると、その期間までの経過年数が計算できる。

 たとえば、2014年1月1日までの経過年数の場合、『TODAY()』の部分を2014/01/01を入力したセル番号と置き換える。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

OpenOfficeCalcのドロップダウンリストで手打ち入力を可能にする
Android版Office表計算アプリQuickofficeスプレッドシート・書式設定、日付入力、金額入力
PDFのオリジナルスタンプはペイントとOpenOfficeWriterで簡単に作れる
OpenOfficeファイルをPDFで保存する
進化した無料オフィスソフトLibreOffice
noimage
セルの結合・Excel、LibreOfficeCalc、Apache OpenOfficeCalc
OpenOfficeのセルの保護を解除する
noimage
CSVファイルをOpenOfficeCalcで開く
Apache OpenOffice (アパッチ オープンオフィス)で作ったシートを書式を保ったままコピーする方法
OpenOfficeWriterに挿入した画像に文字を入れる
OpenOfficeCalcで空白以外のセルを数える
ApacheOpenOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)でExcel簿記を開くには
改行で下に入力欄が伸びる表を作る

Menu

HOME

 TOP