表計算ソフトで計算結果を四捨五入する

 計算結果を四捨五入する方法。

 表計算ソフトでの合計と電卓での計算が違う!

 なんてとき、もしかすると、セル内の数字が違ってるのかも。

 そんな馬鹿な!

 セルの中の数字は『1234』なのだが、本当は小数点以下が表示されていないだけ。

 この、小数点以下の数字が表示されていないために、計算結果が違ってきたりする。

 セル同士から数式を使って割り算の結果を出した場合なんかに多い。

 単純な数字なら、さして問題ないかもしれないが、計算結果がお金の額になると話は別。

 1円以下のお金は、現実としてはありえない。

 この場合、小数点以下を四捨五入するとか、切り上げるとか、切り下げるとかしないと計算結果が正確に出てこない。

計算結果を四捨五入する・ApacheOpenOfficeCalc

1、四捨五入した数字を表示したいセルをクリック。

2、関数のボタン『fx』をクリック。

3、関数ウィザードの「分類項目」で『数学』を選択。

4、「関数」で『ROUND』を選択し、「次へ」のボタンをクリック。。

5、「数値」に元の数字の入ったセル番号を入力。
 または、「選択」ボタンをクリックして元の数字の入ったセルをクリックで指定。

6、「桁数」に0を入力。

7、「OK」ボタンをクリック。

例)A1のセルの四捨五入した数字をB1のセルに表示させたい場合

1、四捨五入した数字を表示したいセルB1をクリック。

2、関数のボタン『fx』をクリック。

3、関数ウィザードの「分類項目」で『数学』を選択。

4、「関数」で『ROUND』を選択し、「次へ」のボタンをクリック。。

5、「数値」に元の数字の入ったセル番号A1を入力(または、「選択」ボタンをクリックして元の数字の入ったセルA1をクリック)。

6、「桁数」に0を入力。

7、「OK」ボタンをクリック。

例)A1のセルをB1のセルで割った結果を四捨五入した数字をC1のセルに表示させたい場合

1、四捨五入した数字を表示したいセルC1をクリック。

2、関数のボタン『fx』をクリック。

3、関数ウィザードの「分類項目」で『数学』を選択。

4、「関数」で『ROUND』を選択し、「次へ」のボタンをクリック。。

5、「数値」にセル番号A1/B1を入力(または、「選択」ボタンをクリック⇒セルA1をクリック⇒/を入力⇒セルB1をクリック)。

6、「桁数」に0を入力。

7、「OK」ボタンをクリック。

*A1とB1のセルを掛ける場合
⇒A1*B1

*A1からB1のセルを引く場合
⇒A1-B1

*A1とB1のセルを足す場合
⇒A1+B1

 Excelの場合、関数ウィザードの「分類項目」の『数学』が『数学/三角』になっているが、他の操作はほぼ同じ。

桁数を0以外の数字にした場合

元の数字桁数計算結果
123.0123
123.41123.5
12.45-1120
3.45-2100

スポンサーリンク

シェアする

フォローする