使いこなすと便利「マウス」の基礎的な知識

PC・スマホ・インターネットトラブルの解消方法
PC・スマホ・インターネットトラブルの解消方法
この記事は約3分で読めます。

 今やパソコン作業になくてはならないものと化した「マウス」。

 基本的なマウスのボタンの名前や、機能ぐらいは知っておこう。

 マウスは、標準的なマウスでも、使いこなすと、とても便利に使うことができる。

 ノートパソコンなどについているタッチパッドも便利だが、やはり、マウスのほうが使いやすい。

広告

マウスとWindows95

 これは、まったくの私見なのだが、WindowsOSが普及したのは、マウスに対応したからじゃないかと思う。

 マウスはPC入力のための道具だが、マウスそのものができたのがは1968年。

 でも、Windows95以前は、ほとんど普及していなかったように思う(年代がばれるけど)。

 OSにしても、WindowsOSがこれだけ普及する前は、いろいろなメーカーが色々なOSを持ったPCを作っていた。

 で、入力は、キーボードだけ。

 が、Windows95で、マウスに対応するようになり、これが、今のWindowsOS主流の流れになったように思っている。

マウスの各ボタンの名称

 標準的なマウスは、3つボタンがついている。

「右ボタン」「左ボタン」「ホイール」。

 こういう3つボタンがあるマウスを「3点マウス」という。

各ボタンの名称-標準的なマウス

各ボタンの名称-標準的なマウス

マウスの3つのボタンでできる事

 マウスの3つのボタンには、それぞれ役割がある。

マウスの右ボタンでできる事

「右クリック」

 「右クリックで、メニューを選ぶ」

 マウスの右ボタンを押すと、いろいろとできることが表示される。

 表示されたメニューをマウスなどで選択する。

マウスの左ボタンでできる事

 マウスの左ボタンできる事は「クリック」「ダブルクリック」「ドラッグ」「範囲指定」など。

「クリック」

 左ボタンを1回押す。

 ウェブページのリンクなどを開いたり、×印を押して、ページを閉じたりする。

 設定によっては、フォルダやファイルなどが開く。

「ダブルクリック」

 左ボタンを2回続けて押す。

 フォルダやファイルを開くときに使う。

「ドラッグ」

 移動させたいものの上で左ボタンを押しながら、移動させたい場所でボタンから指をはなす。

 fileやフォルダやタブの移動の時に使う。

「範囲指定」

 PC上に表示された文章の上で左ボタンを押しながら、右方向へマウスを動かすと「範囲指定」ができる。

マウスホイールでできる事

 マウスホイールでもいろいろなことができる。

「スクロール」

 一番使われる、マウスホイールの機能。

 マウスホイールを回すことでページを上下に動かす。

 マウスによっては、横スクロールできるものもある。

 マウスホイールを押すと、自動でスクロールしたりする。

「クリック」

 マウスホイールを押す。

 ウェブページ上なら自動でスクロール。

 ウェブブラウザのタブをマウスホイールで押すと、タブを閉じることができる。

 また、好きな位置にブラウザのタブを移動させることもできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました