パソコンが動かなくなった(フリーズした)ら、どう対処する?

 パソコン操作中、動かなくなってしまうことを『固まった』『フリーズした』って言う。

 さて、このフリーズしてしまった状態になった場合どう対処したらいい?

 フリーズしてしまった場合の対処方法はWindows7・Windows8・Windows10でも変わりない。




パソコンがフリーズして動かなくなった場合の対処法

 パソコンがフリーズして動かなくなった場合

  • そのまま待つ
  • 問題のあるアプリケーションを閉じる

パソコンがフリーズして動かなくなったらそのまま待つ

 パソコンは、動いていないように見えて、その裏側で、色々な処理をしている。

 セキュリティソフトが動いていたり、ブラウザが動作していたり。

 この場合、動かなくなったからといって、いろいろといじるのは逆効果。

 とにかくしばらく待ってみよう。

パソコンがフリーズして動かなくなったらタスクマネージャでアプリケーションを強制終了させる

 パソコンがフリーズして、しばらく待っても動き出さない場合は、タスクマネージャを起動させる。

 タスクマネージャが起動したら、強制終了させたいアプリケーションをクリックして、『タスクの終了』ボタンを押す。

 ネットサーフィン中、特定のウェブページが原因でフリーズした場合などは、その原因となったサイトを終了すると、IEそのものがいったん終了する(すべてのウェブページがいったん閉じる)。

タスクマネージャを起動させる方法

 いくつかタスクマネージャを起動させる方法がある。

1.Ctrl+Alt+Delキーを同時に押す方法。
2.「タスクバー」の何も無いところで右クリックし、「タスクマネージャーの起動」を左クリックで起動させることもできる。

 Windows7でも、Windows8でもWindows10でも1.2.の方法でタスクマネージャを起動させることができる。

3.Windows10の場合は、〔スタート〕を右クリックし、タスクマネージャをクリックする。

 タスクマネージャーの画面も、Windows10とWindows7では少し違っている。

タスクマネージャー-Windows7

[タスクマネージャー-Windows7]

タスクマネージャー-Windows10

[タスクマネージャー-Windows10]

タスクマネージャーでアプリケーションを強制終了する方法

 Windows7とWindows10でタスクマネージャーを使って、パソコンがフリーズした原因となったアプリケーションを強制終了させてみよう。

Windows7のタスクマネージャでアプリケーションを強制終了させる

アプリケーションの強制終了-タスクマネージャー-Windows7

[アプリケーションの強制終了-タスクマネージャー-Windows7]

1.タスクマネージャーを起動し、〔アプリケーション〕タブをクリック。

2.強制終了させるアプリケーション(タスク)をクリック。

3.〔タスクの終了〕をクリック。

 選択したアプリケーション(タスク)が強制終了する。

Windows10のタスクマネージャでアプリケーションを強制終了させる

アプリケーションの強制終了-タスクマネージャー-Windows10

[アプリケーションの強制終了-タスクマネージャー-Windows10]

1.タスクマネージャーを起動させ〔プロセス〕タブをクリック。

2.終了させたいアプリケーションをクリック。

3.〔タスクの終了〕をクリック。