赤ロム・ネットワーク利用制限にご注意

 最近の携帯電話やスマートフォン、値段が高い。

 というわけで、中古品や新古品が白ロム携帯・スマートフォンとして販売されている。

 白ロムはいいけど、赤ロムはパス!

 白ロムは、一度人手に渡ったものを再販売しているもの。

 まあ、要するに、SIMカードのない中古携帯電話やスマートフォンのこと。

 安く手に入るのが魅力だ。

 が中には赤ロムといわれるものもあるらしい。

 この赤ロムを間違えて買うと困ったことになる。




なぜ赤ロムはやばいのか?

 「赤ロム」の携帯電話やスマートフォンはネットワーク利用制限というのがかかって、アンテナが赤くなった挙句、利用ができなくなるという。

 アンテナが赤くなるから『赤ロム』なのか?

 それは不明。

 利用ができなくなるのは、要するに、料金の滞納・不正入手・盗品の転売などである期首だから。

 では、このネットワーク利用制限になっている機種かどうかを確認する方法はあるのか?ってはなし。

ネットワーク利用制限がかかっていないか調べる方法

・ドコモのネットワーク利用制限機種の判定ページ

・ソフトバンクネットワーク利用制限機種の判定ページ

auネットワーク利用制限機種の判定ページ

 それぞれのサイトへ飛んで、買おうとする機種の製品番号を入力すれば、ネットワーク利用制限がついて機種かどうか調べることができる。

 ○は問題ない製品番号。

 △は『今は問題ないけど、もしかすると、今後問題がおきるかもしれない製品番号(前の購入者が分割で購入し、まだ、購入代金を支払い終えていないなど)』

 ×は『ネットワーク利用制限がかかっている製品番号』

 -は『データーなし』

 ただし、auの場合、-の表示の意味が違っていて、『問題ない製品番号』『データーなし』の両方で表示される場合があるらしい。

 良心的な販売店では、中古携帯電話やスマートフォンに必ずこの製品番号が記載されているので、店舗選びの目安になる。

 製品番号が記載されていない中古の携帯電話やスマートフォンを購入するのは危険。

 製品番号が記載されていても、ネットワーク利用制限がかかった赤ロムでないかきちんと確かめてから購入しないと、買ったはいいが利用できないという話になる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする