user agent switcherを導入してFirefoxでIEやスマートフォンサイトを表示させる

 FirefoxでマイクロソフトのIEしか受け付けてくれないようなサイトを表示したい場合、方法はいくつかあるようだ。

 ひとつは、IETab・IEviewerというアドオンを導入する。

 もうひとつは、user agent switcherというアドオンを導入する。

 これらのアドオンを導入すると、FirefoxをWindowsのIEに見せかけることができる。

 user agent switcherのほうは、IEに見せかけるだけでなく、iphonに見せかけることもできる。

 ということで、user agent switcherを使うと、スマートフォン専用サイトを閲覧することも可能だ。

 IEでしかログオンできないサイトにも、ログオンできたりする。

Firefoxに、user agent switcherを導入してみよう

1、画面上部の『Firefox▽』をクリック(または、ツール⇒アドオン)。

2、『アドオン』をクリック。

3、検索窓に「user agent switcher」を入力し検索ボタンをクリック。

4、「user agent switcher」のインストールボタンを押して、アドオンのインストールを行う。

6、Firefoxを再起動。

7、ツールバーまたはアドオンバーを有効にする。

user agent switcherを使ってみよう・ツールバーから起動

1、ツールバーの『ツール』をクリック。

2、user agent switcherをクリック。

3、IEでサイトを表示したい場合は、『Internetexplorer』をクリック。

4、サイトを更新(リロード)する。

Firefoxの表示に戻したい場合

1、ツールバーの『ツール』をクリック。

2、IE表示の場合は、『Internetexplorer』、iphon表示の場合は『iphon』の文字をクリックし、Default User Agentをクリック。

3、サイトを更新(リロード)する。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする