ロジテック製無線LANブロードバンドルータ利用者は要確認・IDパスワードが危ないかも

 ロジテック製300Mbps無線LANブロードバンドルータ(LAN-W300N/R、LAN-W300N/RS、LAN-W300N/RU2)の利用者は要確認!

 OCNでは6月、第三者によるOCN認証ID・パスワードの不正利用が確認されていたが、その流出元が、ロジテック株式会社製の無線LANルーターである可能性が高いことが判明したという。

 該当する製品は、2009年発売のIEEE 802.11n/b/g対応無線LANルーター「LAN-W300N/R」、その簡易包装版である「LAN-W300N/RS」、同ルーターとUSB無線LANアダプターのセット「LAN-W300N/RU2」の3製品。

 2013年8月15日現在、販売は終了している。

 OCNの利用者にかかわらず、 ルーターに設定されているPPPoEの認証IDや認証パスワードなどのISP接続情報が、攻撃者によって取得されたり、変更される可能性がある。

 この脆弱性についてはすでに2012年5月の時点で公表されており、ロジテックでは脆弱性を修正したファームウェアを公開している。

対象ルーターの確認方法

1、Logitecの記載がある。

2、製品にアンテナがない。

3、製品本体またはパッケージに『LAN-W300N/R』『LAN-W300N/RS』『LAN-W300N/RU2』の記載がある。

4、シリアルナンバーの末尾がBである。

*製品の型番・シリアルナンバーの近くに青い丸のシールが張ってあるものは、すでに問題の対処が済んでいる製品。

問い合わせ窓口

ロジテック製300Mbps無線LANブロードバンドルータ(LAN-W300N/R、LAN-W300N/RS、LAN-W300N/RU2) 専用お問い合わせ窓口 「お客様相談室」
 電話番号: 0120-741-422(フリーダイヤル)
 受付時間: 10:00~12:00 13:00~18:00 月曜日~金曜日
 (祝祭日、夏期・年末年始特定休業日を除く)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする