Excel簿記の減価償却費・端数計算と確定申告作成コーナーの端数が合わない

 無料の青色申告用のソフト(テンプレート)、Excel簿記。

 このExcel簿記、ApacheOpenOfficeCalcでも利用できる優れものだ。

 だが、難点もある。

 Excel簿記の減価償却の計算結果が確定申告作成コーナーの結果と違う。

 未償却残高も違ってるようだ。

Excel簿記の減価償却費・端数計算と確定申告作成コーナーの端数計算の違い

Excel簿記の場合

⇒減価償却の1円未満は四捨五入か切捨てのようす。

確定申告作成コーナーの場合

⇒減価償却の1円未満は切り上げ。

一番簡単な解決方法

 一番簡単なのはExcel簿記を使わず、確定申告作成コーナーのソフトの計算結果をApacheOpenOfficeCalcやExcelなどの表計算ソフトに入力していく方法。

 毎年、ひとつのシートに繰り返し記入していけば、ちゃんと台帳の代わりにもなる。

 が、それでは面白くないので、Excel簿記のシートの保護を解除して、計算結果をきちんと使えるようにしてみよう。

Excel簿記の本年度減価償却費の計算結果を調整する方法

1、決算書3のシートを開く。

2、(イ)の項目まで入力。

3、償却方法、耐用年数、(ハ)(二)を入力。

4、(ホ)の金額が記入されたセルをクリック。

5、『ツール』⇒『ドキュメントの保護』⇒『シート』のチェックをはずす。

6、右クリック。

7、『セルの書式設定』⇒『数』⇒『数字』⇒書式コード『#,##0』になるものを選択。

8、OKボタンを押す。

9、『fx』ボタンをクリック。

10、『関数』タブをクリック。

11、『ROUNDUP』を選択。

12、計算式のバーに『=ROUNDUP(I8*N8*本年度の償却期間;0)を入力。

*本年度の償却期間は1ヶ月なら1/12、6ヶ月なら6/12を入力。
 セル(P8)での指定は行わないこと。

13、ENTERキーを押す。

14、(ト)のセルをクリック。

15、計算式のバーに『=R8+T8』を入力し、ENTERキーを押す。

16(リ)のセルをクリック。

17、計算式のバーに『=U8*V8%』を入力し、ENTERキーを押す。

Excel簿記の未償還残高の修正

1、(ヌ)の列の金額が入るセルをクリック。

2、数式のバーに『=AC8-X8』と入力してENTERキーを押す。

無料ソフトと割り切って使おう

 それぞれ、修正した数式をコピーして張り付ければ、1件だけの修正ですむ。

 ApacheOpenOfficeCalcで利用しているせいなのか?それとも、もともとの仕様なのかわからないけど。

 まあ、あくまでExcel簿記は無料のテンプレートなので、完璧は望めないのは仕方がない。

 と割り切ったほうが得策。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

OpenOfficeCalcで行と列を入れ替える方法
Word君勝手に箇条書きにしないで!
ワードで袋とじして両面印刷
経過した月数や週数、日数を換算する・ExcelとApacheOpenOfficeCalc
個人住民税計算を計算するソフトやサイト

個人住民税計算を計算するソフトやサイト

OpenOfficeのセルの保護を解除する
2007以降のワードファイルならワードパットで見ることができる
noimage
noimage
農業所得収支内訳書作成ソフト

農業所得収支内訳書作成ソフト

Windowsに標準についている簡易ワープロ・ワードパットでできること
ワード用テンプレートを無料ワープロソフトで利用して年賀状作りを時短化する
OpenOfficeCalcのドロップダウンリストで手打ち入力を可能にする
,OpenOfficeCalcエクセルやオープンオフィスの表計算ソフトの複数シートを印刷する方法
OpenOfficeCalcでシート間のデーターを自動的にリンク表示されるようにする

Menu

HOME

 TOP