Windows・Linuxのテキストファイルの文字化けを防ぐ方法

 Windowsで作ったテキストをそのままLinuxのテキストエディタで開くと文字化けする。

 なぜ?

 Linuxのテキストエディタ(メモ帳みたいなもの)とWindowsのテキストエディタでは、改行コードと文字コードが違うのだそうだ。

 

Windows・Linuxの改行コード、文字コードの違い

・Windowsの改行コードと文字コード

⇒標準の改行コードは『CR+LF』
⇒標準の文字コードはメモ帳の場合は『ANSI』、wordPatの場合『Unicode』、そのほか『shiftJIS』。

 

・Linuxの改行コードと文字コード

⇒改行コードは『LF』
⇒文字コー『[Unicode(UTF-8)』『UTF-8N』。

 

 Windows側のテキストエディタで保存するときにLinuxの文字コード・改行コードを指定して保存するとLinuxでも文字化けしないで読むことができるつう話だ。

 しかし、メモ帳もwordPatも文字コードの指定はできるが、改行コードについては指定できるかどうかは不明。

 MKEditorなどのテキストエディタでは、どちらも設定できる。

 

 ちなみに、Linuxのテキストエディタで文字コードや改行コードを指定して開いたり、保存したりできるかどうかは、確認していないのでよくわからない。

 

 Windows7をインストールしたら、Linuxがきえてしまったのだ。

 いずれ再度試してみる予定。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

このファイルだけは削除しては駄目です!
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた
ノートパソコンのタッチパットをOFFにして文書入力を快適にする
noimage
パソコンが起動しなくなったらセーフモードで起動させよう
期限切れのセキュリティソフトは使い続けてちゃいけません!
PDFのオリジナルスタンプはペイントとOpenOfficeWriterで簡単に作れる
画像ファイル形式「WMF」の利用方法
Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」によるデータの上書き?
Microsoftパワーポイントを開いたらパソコンがのっとられる?
Windows7をインストール後に最初に入れておきたいソフト8選
ショートカットアイコンの作り方
勝手に共有ホルダーのファイルが読み取り専用になってしまった
NumLkが原因かも「文字が打ち込めない、数字になる、日本語にならない」
noimage

Menu

HOME

 TOP