Windows・Linuxのテキストファイルの文字化けを防ぐ方法

 Windowsで作ったテキストをそのままLinuxのテキストエディタで開くと文字化けする。

 なぜ?

 Linuxのテキストエディタ(メモ帳みたいなもの)とWindowsのテキストエディタでは、改行コードと文字コードが違うのだそうだ。

 

Windows・Linuxの改行コード、文字コードの違い

・Windowsの改行コードと文字コード

⇒標準の改行コードは『CR+LF』
⇒標準の文字コードはメモ帳の場合は『ANSI』、wordPatの場合『Unicode』、そのほか『shiftJIS』。

 

・Linuxの改行コードと文字コード

⇒改行コードは『LF』
⇒文字コー『[Unicode(UTF-8)』『UTF-8N』。

 

 Windows側のテキストエディタで保存するときにLinuxの文字コード・改行コードを指定して保存するとLinuxでも文字化けしないで読むことができるつう話だ。

 しかし、メモ帳もwordPatも文字コードの指定はできるが、改行コードについては指定できるかどうかは不明。

 MKEditorなどのテキストエディタでは、どちらも設定できる。

 

 ちなみに、Linuxのテキストエディタで文字コードや改行コードを指定して開いたり、保存したりできるかどうかは、確認していないのでよくわからない。

 

 Windows7をインストールしたら、Linuxがきえてしまったのだ。

 いずれ再度試してみる予定。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ゴミ箱に捨てても、フォーマットしてもパソコンの中身は消えません
社内回覧の文書などに便利なPDFのスタンプ機能
noimage
USBメモリーが『書き込み禁止になっています』の対処方法・基本編
このファイルだけは削除しては駄目です!
付箋アプリがWindows10にない!
プリンターの目詰まりを防ぐためには?
『排紙トレーが閉じています』のエラーが出て印刷できないときの対処
無線LANに安全に接続するための暗号化の確認
音譜 はどうやって表示する?
平方メートルや立方メートルの単位を入力するには?
noimage
勝手に共有ホルダーのファイルが読み取り専用になってしまった
Microsoft IMEの変換が変だと思ったら
使用していない言語入力サービスを削除する

Menu

HOME

 TOP