セルのデーターを変更したら、他のセルにデータを自動反映する

 表計算ソフトのデータの貼り付けにリンク貼り付けを利用すると、コピー元のセルを編集すれば貼り付けたセルも自動で変更される。

 シート間、ドキュメント(ファイル)間でも利用できるので、覚えておくと非常に便利。

 ApacheOpenOfficeCalc、LibreOfficeCalc 、Excelともに同じような方法で利用できる。




セルのデーターを変更したら、他のセルにデータを自動反映する方法

1.元になるセルを右クリック⇒『コピー』。

2.データを自動反映したいセルを右クリック⇒『形式を選択して貼り付け』。 

3.「オプション」の『リンク』にチェックを入れ『OK』ボタンをクリック。

セルのデーターを変更したら、他のセルにデータを自動反映する方法2

1.元になるセルをクリック⇒『編集』⇒『コピー』。

2.データを自動反映したいセルをクリック⇒『編集』⇒『形式を選択して貼り付け』。 

3.「オプション」の『リンク』にチェックを入れ『OK』ボタンをクリック。

セルのデーターを変更したら、他のシート(ドキュメント)のセルにデータを自動的に反映する方法

1.元になるセルを右クリック⇒『コピー』。

2.データを自動反映したいシートに移動し、セルを右クリック⇒『形式を選択して貼り付け』。 

3.「オプション」の『リンク』にチェックを入れ『OK』ボタンをクリック。

セルのデーターを変更したら、他のシート(ドキュメント)のセルにデータを自動的反映する方法2

1.元になるセルをクリック⇒『編集』⇒『コピー』。

2.データを自動反映したいシートのセルをクリック⇒『編集』⇒『形式を選択して貼り付け』。 

3.「オプション」の『リンク』にチェックを入れ『OK』ボタンをクリック。