シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法

 Googleアドセンスのプライバシーポリシーにシーサーブログのタグページが引っかかりやすい原因は、タグページにはリンク付のタイトル一覧しか付いていないためという話を前に書いた。

 そこでGoogleアドセンスのペナルティ対策として、Googleアドセンスの広告をシーサーブログのタグページに表示させない方法ってのも書いて見た。

 けど、記事の概要とかがタグページに表示されるようにできればGoogleアドセンスのペナルティに引っかからないんじゃないかな?

 といっても、なかなか、タグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法が見つからなかったのだが、ようやく見つけた。

 っていうか・・・。

 なぜか、シーサーブログのタグページを表示するHTMLには、ちゃんとシーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する関数?変数?シーサーブログの独自タグ?が配置されていた!

 でも、その記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する関数?変数?シーサーブログの独自タグ?は表示されないようになっていたのだ。

シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法

1、「デザイン」⇒「HTML」

2、<% if:page_name eq 'tag' -%>を探す。

3、以下の記述が見つかるはず。

<% if:page_name eq 'tag' -%>
<div class="tag">
<% if:tag %><div class="tag-title">タグ&nbsp;/&nbsp;<% tag.word | html %></div><% /if -%>
<br />
<% loop:list_service -%>
<div class="tag-body">
<div class="tag-service"><% tag_service.title %></div>
<div class="tag-search"><a href="<% tag_service.page_url(tag) %>" target="_blank">'<% tag.word %>'&nbsp;でSeesaa全体を検索する</a></div>
<% if:tag_service.service_key eq 'articles' -%>
<% loop:list_data -%>
<div class="tag-article">
<div class="tag-article-title"><a href="<% article.page_url %>"><% article.subject %></a>&nbsp;<span class="tag-article-posted">[<% article.createstamp | date_format("%Y/%m/%d %H:%M") %>]</span></div>
<!--<div class="tag-article-summary"><% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %></div>-->
</div>
<% /loop -%>
<% /if -%>

4、<!--<div class="tag-article-summary"><% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %></div>-->を以下の記述に書き換える。

<div class="tag-article-summary"><% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %></div>

コメントを入れるタグを削除するだけでシーサーブログのタグページにサマリーが表示される

 要するにコメントを示す、<!--~-->を削除するだけ。

 この、<!--~-->で囲まれた部分は、webページとして表示されないのだ。

 シーサーブログのタグページの表示は、タイトル+記事要約(サマリー・概要)を示すHTMLタグを配置しておきながら、なぜか、タグページでは表示しないようにしてあるということになる。

 意味不明だ。

変数などの意味・シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する

<!--~-->

 コメントを示す記述。

 この、<!--~-->で囲まれた部分は、webページとして表示されない。

 HTML共通で、どのブログ、どのホームページサービスでも使う。

<div class="tag-article-summary">

 スタイルシートでtag-article-summaryのスタイルを決める項目がある。

article.entire_body

 追記文言を含む本文。

text_summary(240)

 本文の要約。

 (数字)の数字部分は、要約を何文字表示するかをあらわしている。

tag_strip

 HTMLタグを全て抜く。

<% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %>

 『追記文言を含む本文』から『本文の要約を240文字表示』し『HTMLタグはすべて除く』ということになる。

シーサーブログの変数は面倒くさい

 シーサーブログの変数は|で区切ってつなぐことができる。

 ある意味面倒な記載法則がある。

 この<% article.entire_body | text_summary(240) | tag_strip %>、タグページのカスタマイズ以外にもいろいろ使える。

 たとえば、カテゴリーや過去ログページをタイトルのみ表示させ、そのタイトルの下に記事の概要を加えることもできる。

 概要が表示されれば、Googleアドセンスのペナルティに引っかかる可能性が低くなると思う。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方
WordPressテーマPrincipleの表示速度改善に効果があったプラグイン
一番初めにWordPressの自動整形機能を止めるプラグインを入れよう
WordPressで画像が表示されなくなったら
Googleアドセンスの検索ボックスを編集したらコードが収得できなくなった場合の対処法
wordpressは半角のダブルクォーテーションが勝手に全角に変換されて表示される
wordpressの管理画面に入れなくなった場合の一番確実な解決法
シーサーブログ(seesaaブログ)を削除する方法
プラグインのCSS(スタイルシート)を縮小してブログの表示速度を早くしよう
FC2ブログにアップロードした写真のGPS情報を確認する方法
wordpressバージョン 3.9.2 へバージョンアップ
プラグインPS Disable Auto  FormattingをFC2の記事をWordPressに取り込む前に導入しておかないと
GoogleAdsenseのはじめ方・まずは登録用のサイトを作ることから始めよう
function.phpを含めたwordpressテーマの子テーマ化
WordPressの投稿の編集のテキストモード「code」は何?

Menu

HOME

 TOP