GoogleAdSenseのページ単位の広告

 GoogleAdSenseの管理画面に「ページ単位の広告の紹介」というのが出ていた。

 GoogleAdSenseの「ページ単位の広告の紹介」ってどんなものなんだろう?

 おいらのサイトでも設置できるのかな?

GoogleAdSenseの広告数の上限にはカウントされない

 通常のGoogleAdSenseの広告数は、「ユニット3」「関連テキスト3」「検索2」だ。

 が、「ページ単位の広告」はこの数には入らないらしい。

コードは1つ

 「ページ単位の広告」のコードは1つ。

 1つのコードを配置するだけで広告が表示されるってことかな。

モバイルのみ

 「ページ単位の広告」はモバイルのみに表示されるようだ。

フォーマットは2つ

 「ページ単位の広告」のコードは1つだが、フォーマットは2種類あるようだ。

 でも、フォーマットのON・OffはGoogleAdSenseのHPで選択できる様子。

どうやってWordpressに導入する?

 ところで、「ページ単位の広告」のコードっていったいWordpressのテーマのどの部分に貼り付けたらいいんだ?

 Wordpressってテーマによって違うからなあ。

 いくつかネット上を調べてみたけど、2つくらい方法があるみたいだ。

  • プラグインを使って「ページ単位の広告」のコードを貼り付ける
  • 【ヘッダー(header.php)】の</head>の上の部分に『ページ単位広告』のコードを貼り付ける。

 プラグインなら「Per page add to head」が使えるようだ。

モバイルサイトを持っているなら入れて損はないかも

 「ページ単位の広告」の最大の魅力は何か?

 それは「ページ単位の広告」がGoogleAdSenseの広告数の制限を受けない 。

 ということだと思う。

 いわば、収益を得ることができる広告がひとつ多く表示されるようなものだ。

モバイルサイトを持っている人は、入れておいて損はない。

 と思うけど。

 どうかな?

 でも、サイトに来る人にとっては、ちょっとうっとうしいかもしれない。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

広告や画像を横並べにするHTML
現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません
Googleアドセンスの種類は?
Googleアドセンスの検索ボックスを編集したらコードが収得できなくなった場合の対処法
プラグインを使わないwordpressの記事一覧
GoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」で訪問者を増やそう
レンタルサーバー・ミニバードへの仮登録方法
似た文章やHTML、スタイルシートなどの違いを比較するソフト
WordPress4.0にバージョンアップするとどこが変わった?
旧FC2ブログの訪問者を新サイトに自動的に誘導するmeta
一番初めにWordPressの自動整形機能を止めるプラグインを入れよう
FC2ブログの記事をワードプレスにインポート
WordPressの画像アップロードによるサーバー容量の消費を防ぐメディア設定
Googleアドセンスのサイト内検索ボックスのトラブル
シーサーブログの記事の直下に広告やブログランキングなどを貼り付ける・コンテンツHTMLを編集する

Menu

HOME

 TOP