1台のパソコンとインターネットの接続でもルーターは必要?

 ルーターの役割というと『複数の機器をインターネットにつなぐための機械』。

 じゃあ、1台のパソコンをインターネットにつなぐのならルーターーは必要ない。

 そう、1対1でパソコンとインターネットをつなぐのなら、モデムや光回線終端装置(ONU)とパソコンとインターネットを直接つなぐだけで事足りる。

 が、ルーターには他のメリットもあるようだ。




ルーターの機能

 ルーターには、NAT機能というIPアドレスの変換機能がある。

 IPアドレスは、インターネット上の住所みたいなもの。

 IPアドレスは、プロバイダーによってひとつのインターネット回線にひとつのIPアドレスが割り当てられる。

 この、大本のIPアドレスをグローバルIPアドレスという。

 ルータは、接続する各パソコンに「プライベートIPアドレス」と呼ばれるIPアドレスを割り当てる。

 このプライベートIPアドレスはLAN内でしか使えないという制限がある一方、誰でも自由に割り当てることが可能。

 ただし、プライベートIPアドレスではインターネットに接続することができない。

 ここで登場するのが、NAT機能。

 ルーターのNAT機能は、各パソコンがインターネットに接続しようとすると、そのパソコンのプライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに書き換える。

 こうしてルータは、LAN内なら自由に使えるプライベートIPアドレスと、それをグローバルIPアドレスに書き換えるNAT機能を使って、複数のパソコンでインターネットを利用できるようにしている。

インターネットからパソコンにアクセスできにくくするルーターの機能

 NAT機能によって、ルーターは、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの書き換えを行っている。

 このため、インターネット側から各パソコンに直接アクセスすることはできない。

 インターネット上で利用できるグローバルIPアドレスはブロードバンドルータが持っていて、ルーターまでは、外部から進入できても、その先のパソコンはプライベートIPアドレスを割り振られているため、侵入者は各パソコンにアクセスできない。

ルーターを使用するとセキュリティが高まる

 ルータを付けると、外部からの侵入者は各パソコンに直接アクセスできない。

 ということで、ルーターは1台のパソコンをインターネットにつないでいる場合でもルーターを使用したほうが、セキュリティ的には安心というわけ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする