LinuxOS・Ubuntu 12.04.2のインターネット接続の設定(ADSLモデム、光回線との直接接続の場合)

 LinuxOS・Ubuntu 12.04.2のインターネット接続の設定をする!




インターネット接続に関する環境

・NTTフレッツADSL

・ルーターなし、モデムのみ

 ルーターなしでADSLモデムとPCを直接接続して、インターネットに接続したい場合や、光回線終端装置とPCを直接接続してインターネットに接続する環境での、インターネットの接続方法を解説。

 LinuxOS・Ubuntu 12.04.2のインターネット接続の設定には、DSL接続の設定を行う。

LinuxOS・Ubuntu 12.04.2のインターネット接続の設定(ADSLモデム、光回線との直接接続の場合)

1、LANポートに、インターネットのLANケーブルを接続。

2、LinuxOS・Ubuntu を起動。

画面上部のパネルにあるネットワークマネージャアプレットを右クリックして「接続の編集」を選択して下さい。

LinuxUbuntu インターネット接続1

3、「DSL」タブを選択し、「追加」ボタンを押す。

LinuxUbuntuインターネット接続2DSLタブ

 接続名は「DSL接続1」になる(名前は変えてもOK)。

4、「ユーザ名」の欄に、インターネットサービスプロバイダ(ISP)から連絡されているユーザ名を、「パスワード」欄にパスワードを入力。

LinuxUbuntuインターネット接続2DSL設定

*ユーザ名は"×××@○○○"のような形式。
*「サービス」欄はISPから特に指示が無い限り、入力は不要。
*必要に応じて、「自動的に接続する」のチェックボックスにチェックを入れる。

5、「IPv4設定」タブを開き、「自動(PPPoE)」になっていることを確認。

LinuxUbuntuインターネット接続3lPv4設定

6、「PPP設定」のタブを開き「認証方式の設定」ボタンを押す。
*基本的には、いじらなくても大丈夫そう。

 接続がうまくいかない場合の対処法
・ISPに問い合わせて、認証方式を確認する。
・どれかひとつだけ認証方式にチェックを入れて、接続できるものが見つかるまで順に試す。

7、適用ボタンを押す。

次回Ubuntu 12.04.2起動時のインターネット接続

1、ネットワークマネージャアプレットLinuxUbuntuインターネット接続ボタン を左クリック。

2、作成した接続設定(ここでは「DSL接続1」)を選択。

3、接続に成功すれば、「接続を確立しました」の表示がでます。

LinuxOS・Ubuntu 12.04.2はブラウザFirefox がインストール済み

 LinuxOS・Ubuntu 12.04.2には、ブラウザとしてFirefox がインストールされているので、すぐにインターネットの閲覧ができる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする