「iPhone 5s」で評判の機能「指紋認証」のメリット・デメリット

 「iPhone 5s」で評判の機能「指紋認証」。

 この指紋認証のメリット・デメリットとは?

?

スマートフォンの「指紋認証」

 1~3本の指先の指紋をスマホに登録して本人認証を行い、スマホ本体のスキャナ部に登録済みの指を通すことで画面ロックを解除する。

?

指紋認証のメリット

・画面に指のあとが残らないためロック解除の特定がしにくい

 ?これまで使われてきた暗唱番号やパターンロック式の場合は、解錠時に必ず画面にタッチしたり、指でなぞったりするため、指の油脂痕跡から、暗唱番号の位置やパターン形式を特定できるというセキュリティ的な弱みがあった。

 指紋認証の場合は、画面に触れずに解錠ができるため、油脂痕跡から不正にスマートフォンのロックをはずすことが難しい。

?

・本人の指紋以外ではロック解除できない

 

指紋認証のデメリット

・複製でも解錠できる

・本人に意識がない状態で指紋センサーにタッチさせられた場合解錠できる。

・指に傷ができたり、一時的に指紋が薄くなったり、消えたりすると本人でも解錠できなくなる。

・指紋認証スキャナが故障したり、登録データが破損したりすると開錠できない。

?

?

 指紋認証ができなかった場合、二次ロックに移行して開錠できるようになっているそうだ。

 うーん、ここが問題・・・。

 結局、指紋承認に通らなくてもスマートフォンのロックは解除できちゃうってこと。

?

 とはいえ、普段指紋認証を使っていれば、指跡などは残りにくいから、解除のパターンは特定しにくい。

 指紋認証の精度がどの程度かはわかんないけど。

 指紋認証の精度が高ければ、二次ロックによる開錠の頻度は減るはず。

?

 さて、「iPhone 5s」の指紋認証の実用性のほどはいかに???

スポンサーリンク

シェアする

フォローする