標準のブラウザをLunascapeへ変えた

 最近IE8の使い勝手が大変悪い。

 で、標準のブラウザをLunascape6に変えることにした。

 Lunascapeは、Windows上で動作するブラウザで、Internet Explorer向けのアドオン、Mozilla
Firefox向けのアドオンの大半が利用できる。

 

Lunascapeの特徴

・タブブラウザ(新しいウインドウやポップアップがタブで開いていく)

・複数のページを並べて表示することも可能。

・3つのブラウザエンジン(Trident・Gecko・WebKit)の切り替えが可能。

 

 判りにくいのは、『3つのブラウザエンジン』というところだと思う。

 

ブラウザエンジン(HTMLレンダリングエンジン)とは?

 ウェブブラウザの主要要素。
 ウェブページ記述用言語で書かれたデータを解釈し、実際に画面に表示する文字や画像などの配置を計算するプログラム。

・Trident
(Internet Explorer)
・Gecko (Firefox, Camino, SeaMonkey他)
・KHTML
(Konqueror)
・WebKit (Safari, Google Chrome,シイラ, OmniWeb他)
・Presto
(Opera)
・名称無し(NetFront Browser)などがある。

 

 Lunascapeは、Trident・Gecko・WebKitのブラウザエンジンが使えるということで、IEFirefoxSafari,・Google Chromeの拡張機能などが使用できる。

 

 これなら、調子の悪いIE8より使い勝手がいいかも。

 

 というわけで、数日前から、Lunascapeをメインのブラウザに変えて使っている。

 楽天ツールバーなどの利用は、無理かな?と思っていたのだが、ちゃんと、Lunascapeでも使うことができるのがわかったし。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

独自ドメイン・メリット・デメリット

noimage

OpenOffice.orgCaclでの正しい.xlsファイルの開き方

noimage
noimage

USBメモリにパスワード・USBメモリのセキュリティ

noimage

GyaO!でオリンピックハイライトの無料配信中

noimage

32ビットOSと64ビットOSの違い

noimage

descriptionを検索エンジン向けにカスタマイズ

noimage

Yahooカレンダーとドコモケータイリンク

noimage

複数のGoogleアカウントを切り替えて使う方法

noimage
noimage

Androidスマートフォンが虫眼鏡になるアプリ

noimage

seesaaブログのページタイトルをSEO

noimage

AndroidアプリをWindowsで動かす『BlueStacks』

noimage

IEのお気に入りを一気に整理できるフリーソフト

noimage

Menu

HOME

 TOP