ブラウザのパスワード管理機能にご用心

 ブラウザ・IEやFirefox、chromeなどについているパスワード管理機能。

 ブラウザにパスワードを記憶させることで、次回から、パスワードを自動記入する「オート・コンプリート」という機能は大変便利。

 だが、この「オート・コンプリート」落とし穴もある。

 ブラウザに記憶されたパスワードは、パソコン内に記憶される。

 この記憶されたパスワード、ちょっと知識があれば簡単に見ることができる。

 chromeなどはボタンひとつで誰でも見ることができるし、IEでも管理者権限があれば見ることができる。

 Firefoxでは、記憶させたパスワードを閲覧するために保管ファイルにさらにパスワードをかけることもできるが・・・。

 

IEに記憶させたパスワードはどこにある?

 IEに記憶させたパスワードは「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Protected Storage System
Provider」の中にある。

 他のパソコンからコピーしてみたりはできない。

 また、アクセス権限のないユーザーはそのまま見ることができない。

 が、右クリックで、アクセス権を設定すれば、見ることができるようになるらしい。

 

chromeへ記憶させたパスワードはどこにある?

 chromeに記憶させたパスワードは、『chrome://settings/passwords』にある。

 「show」ボタン押すと記憶させたパスワードを見ることができる。

 

Firefoxに記憶させたパスワードはどこにある?

 Firefoxに記憶させたパスワードは、パスワードマネージャで保存されている。

 『オプション』⇒『セキュリティ』⇒『保存されたパスワード』⇒『パスワードを表示する』で見ることができる。

 マスターパスワードを設定すると、マスターパスワード入力なしでは、保存したパスワードを閲覧できないようにできる。

 

 

 一部の Web サイトでは、チェックボックスにチェックを入れることでログインしたままにすることができるが、これは Web
サイト側の機能であり、ブラウザにユーザ名とパスワードを保存しているかどうかに関係なく動作するらしい。

 

 便利なブラウザのパスワード管理機能だが、使うときにはリスクもあることを覚悟して使うべし。

 

 ちなみに、おいらは、ブラウザはFirefoxだがFirefoxのパスワード管理機能は使っていない。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

Windows7の便利アプリ・電卓

noimage

Androidスマートフォンが虫眼鏡になるアプリ

Googleツールバーの自動翻訳をOFFにする方法

Googleツールバーの自動翻訳をOFFにする方法

noimage
noimage

Googleの無料ブログbloggerのはじめ方

noimage
noimage

カテゴリーページで、記事の要約を表示する

noimage
noimage

月額使用料無料050アプリで通話代金を節約

noimage
noimage

視覚異常の人の見え方を判別するソフト

noimage

Windows7はパーティションの変更も簡単にできる

noimage

ES ファイルエクスプローラーにパスワードをかけよう

noimage

ソフトバンクのプリペイドスマートフォン

noimage

Windows7インストール後のWindows.oldを削除する方法

Menu

HOME

 TOP