Yahoo!メールでセーフティーアドレス(サブメールアドレス)を作ろう

 プロバイダやキャリアからもらったメールアドレスであちこちのサイトに登録したりすると、迷惑メールがたくさん届いたりする。

 銀行などへ登録しているメールアドレスとほかのサイトの登録メールアドレスが一緒だったりすると、万が一メールアドレスが流失した場合変更の依頼をしたりも大変な作業になる。

 基本的に重要なメールアドレスと、そのほかのメールアドレスは分けたほうが安心だ。

 とはいえ、いくつもメールアドレスを作るのは大変なんじゃない?

 いやいや、Yahoo!メールでなら1つのアカウントで簡単にいくつもの(サブ)メールアドレスを作ることができる。




アカウントで複数のYahoo!メールアドレスを作れるセーフティーアドレス

 Yahoo!メールには、セーフティーアドレスというサービスがある。

 セーフティーアドレスを利用すれば1つのアカウントで複数のメールアドレスを作ることができる。

 受信フォルダはひとつだが、メールアドレスごとの色分けやフォルダの振り替え、送受信もできる。

 ちなみにまったくの無料サービスだ。

Yahoo!メールでセーフティーアドレス(サブメールアドレス)を作ろう

1.Yahoo!メールにログイン。

2.画面右上の「 設定・その他」をクリック。

3.「メールの設定」をクリック。

メールの設定-設定-Yahoo!メール

[メールの設定-設定-Yahoo!メール]

4.「セーフティーアドレス」をクリック。

セーフティーアドレス-メールの設定-設定-Yahoo!メール

[セーフティーアドレス-メールの設定-設定-Yahoo!メール]

5.ベースネームの入力欄に希望するベースネーム(半角4文字以上、31文字以内)を入力。

6.キーワード入力欄にキーワード(セーフティーアドレスのハイフンより後ろの部分・半角1文字以上、32文字以内)を入力。

7.そのほかの項目を設定する。

配信先フォルダ⇒作成したセーフティーアドレスあてのメールが届くフォルダーを指定する。
 配色⇒作成したセーフティアドレスあてのメールを示す色を指定する。
備考 ⇒自分でわかりやすい言葉を入力すると、セーフティーアドレス一覧で表示される。
オプション⇒セーフティーアドレスでメールを送信できるように設定する・セーフティーアドレスあてのメールを、フィルターで振り分けたり迷惑メールフィルタープラスの対象にしたりする。

8、画面右上の[保存]をクリック。

セーフティーアドレスの設定-セーフティーアドレス-メールの設定-設定-Yahoo!メール

[セーフティーアドレスの設定-セーフティーアドレス-メールの設定-設定-Yahoo!メール]

*「このベースネームはすでに登録されています。別の文字列に変更してください」と表示された場合は、別のベースネームを入力する。

セーフティーアドレス(サブメールアドレス)の追加方法

1.Yahoo!メールにログイン。

2.画面右上の「 設定・その他」をクリック。

3.「メールの設定」をクリック。

1)セーフティーアドレスの設定

[メールの設定-設定-Yahoo!メール]

4.「セーフティーアドレス」をクリックすると「セーフティーアドレス一覧」が表示される。

4)セーフティーアドレスの追加

[セーフティーアドレスの追加-メールの設定-設定-Yahoo!メール]

5.キーワード入力欄にキーワード(セーフティーアドレスのハイフンより後ろの部分・半角1文字以上、32文字以内)を入力。

6.そのほかの項目を設定する。

配信先フォルダ⇒作成したセーフティーアドレスあてのメールが届くフォルダーを指定する。
 配色⇒作成したセーフティアドレスあてのメールを示す色を指定する。
備考 ⇒自分でわかりやすい言葉を入力すると、セーフティーアドレス一覧で表示される。
オプション⇒セーフティーアドレスでメールを送信できるように設定する・セーフティーアドレスあてのメールを、フィルターで振り分けたり迷惑メールフィルタープラスの対象にしたりする。

7.画面右上の[保存]をクリック。

セーフティーアドレスの設定-セーフティーアドレス-メールの設定-設定-Yahoo!メール

[セーフティーアドレスの設定-セーフティーアドレス-メールの設定-設定-Yahoo!メール]

*「このベースネームはすでに登録されています。別の文字列に変更してください」と表示された場合は、別のベースネームを入力する。

 無料のYahoo!メールアドレス利用者でも最大10個、Yahoo! BB会員・セキュリティーパック利用者なら最大30個まで利用可能なサブアドレスを作ることができる。