OpenOffice.orgからLibreOfficeとApache OpenOfficeへ

 OpenOffice.orgの開発が終了し、二つのプロジェクトに分かれた。

 ひとつは、LibreOffice。

 もうひとつは、Apache OpenOffice。

 LibreOfficeもApache
OpenOfficeもMicrosoftOfficeと互換性のある無料のオフィスソフト。

 

 どちらが使いやすいか?

 と思って、両方ダウンロードしてみた。

 が、今のところあまり使い勝手の違いがわかっていない状況。

 とりあえず、対応OSなどの情報をご紹介。

 

LibreOfficeの概要

 OpenOffice.org の元メンバーが別途開発しているフリーのオフィスツール。

 OpenOffice.org と機能はほぼ同じで、マイクロソフトオフィスと高い互換性のあるソフト。

 標準で日本語に対応。

・対応OS: Windows XP/Vista/7/8, Mac OS X 10.4以降, Linux

・対応Office: MSOffice 2003/2007

・Writer(ライター) 
⇒ワープロソフト(MicrosoftOfficeのWordと互換性あり) 

・Clac(カルク) 
⇒ 表計算ソフト (MicrosoftExcelと互換性あり)

・ Impress(インプレス)
⇒プレゼンテーションソフト(Microsoft
PowerPoint:とほぼ同様の役割)

・Draw(ドロー)
⇒作図、図形描画ツール

・Base(ベース)
⇒データベース、情報管理ツール(Microsoft
Access:とほぼ同様の役割)

・Math(マス)
⇒数式作成ツール

 以上がワンセットになっている。

 

Apache OpenOffice

 オープンソースで開発されているオフィスソフト。

 マイクロソフトオフィスと高い互換性を持ち、WordやExcelなどで作成したファイルをオープンオフィスで開いて閲覧・編集することができる。

 逆に、オープンオフィスで作成・編集したファイルをマイクロソフトオフィスで開くこともできる。

 さらに作成したファイルをPDFファイルで保存したり、XHTML形式で保存したりすることもできる。

 Apache OpenOfficeのロゴマークは、かつてのOpenOffice.orgそっくり。

・対応OS: Windows 2000/XP/2003/Vista/7/8, Mac OS X 10.4以降,
Linux, Solaris

・対応Office: MSOffice 97/2000/2002/2003/2007

・Writer(ライター) 
⇒ワープロソフト(MicrosoftOfficeのWordと互換性あり) 

・Clac(カルク) 
⇒ 表計算ソフト (MicrosoftExcelと互換性あり)

・ Impress(インプレス)
⇒プレゼンテーションソフト(Microsoft
PowerPoint:とほぼ同様の役割)

・Draw(ドロー)
⇒作図、図形描画ツール

・Base(ベース)
⇒データベース、情報管理ツール(Microsoft
Access:とほぼ同様の役割)

・Math(マス)
⇒数式作成ツール

 以上がワンセットになっている。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

IOSとアンドロイドOSどちらが生き残る?

noimage

トップページへブログへのリンク用のタグを設置する

noimage
noimage

Windows7さま、勝手にウィンドウサイズを変えないで!

noimage

GyaO! はただいま、3周年記念・映画も目白押し

noimage
noimage

WindowsXPのサポート終了まで後1ヶ月

noimage
noimage
noimage

7インチタブレットはでかいなあ

noimage

SEO上どのくらいのリンク数が望ましい?

noimage

AndroidOSを4.04にして変わった事

市販の年賀状作成ソフトで一番売れているのは?

市販の年賀状作成ソフトで一番売れているのは?

noimage

WindowsXPのアップグレードの注意

noimage

CSVとVcardを変換するソフト

Menu

HOME

 TOP