OpenOffice.orgからLibreOfficeとApache OpenOfficeへ

 OpenOffice.orgの開発が終了し、二つのプロジェクトに分かれた。

 ひとつは、LibreOffice。

 もうひとつは、Apache OpenOffice。

 LibreOfficeもApache
OpenOfficeもMicrosoftOfficeと互換性のある無料のオフィスソフト。

 

 どちらが使いやすいか?

 と思って、両方ダウンロードしてみた。

 が、今のところあまり使い勝手の違いがわかっていない状況。

 とりあえず、対応OSなどの情報をご紹介。

 

LibreOfficeの概要

 OpenOffice.org の元メンバーが別途開発しているフリーのオフィスツール。

 OpenOffice.org と機能はほぼ同じで、マイクロソフトオフィスと高い互換性のあるソフト。

 標準で日本語に対応。

・対応OS: Windows XP/Vista/7/8, Mac OS X 10.4以降, Linux

・対応Office: MSOffice 2003/2007

・Writer(ライター) 
⇒ワープロソフト(MicrosoftOfficeのWordと互換性あり) 

・Clac(カルク) 
⇒ 表計算ソフト (MicrosoftExcelと互換性あり)

・ Impress(インプレス)
⇒プレゼンテーションソフト(Microsoft
PowerPoint:とほぼ同様の役割)

・Draw(ドロー)
⇒作図、図形描画ツール

・Base(ベース)
⇒データベース、情報管理ツール(Microsoft
Access:とほぼ同様の役割)

・Math(マス)
⇒数式作成ツール

 以上がワンセットになっている。

 

Apache OpenOffice

 オープンソースで開発されているオフィスソフト。

 マイクロソフトオフィスと高い互換性を持ち、WordやExcelなどで作成したファイルをオープンオフィスで開いて閲覧・編集することができる。

 逆に、オープンオフィスで作成・編集したファイルをマイクロソフトオフィスで開くこともできる。

 さらに作成したファイルをPDFファイルで保存したり、XHTML形式で保存したりすることもできる。

 Apache OpenOfficeのロゴマークは、かつてのOpenOffice.orgそっくり。

・対応OS: Windows 2000/XP/2003/Vista/7/8, Mac OS X 10.4以降,
Linux, Solaris

・対応Office: MSOffice 97/2000/2002/2003/2007

・Writer(ライター) 
⇒ワープロソフト(MicrosoftOfficeのWordと互換性あり) 

・Clac(カルク) 
⇒ 表計算ソフト (MicrosoftExcelと互換性あり)

・ Impress(インプレス)
⇒プレゼンテーションソフト(Microsoft
PowerPoint:とほぼ同様の役割)

・Draw(ドロー)
⇒作図、図形描画ツール

・Base(ベース)
⇒データベース、情報管理ツール(Microsoft
Access:とほぼ同様の役割)

・Math(マス)
⇒数式作成ツール

 以上がワンセットになっている。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

bloggeの投稿者の名前(ハンドルネーム)を変更する

noimage
noimage

強調するためのHTMLを使ってSEO・検索エンジン対策

noimage

写真の個人情報を削除するフリーソフト

noimage

らくらくフォンの画面が変だ、そろそろ買い替え時?

noimage

ApacheOpenOfficeCalcでCSVファイルを開く

noimage
noimage

FC2ブログの説明文をページごとに変える方法

noimage

WindowsXPのアップグレードの注意

noimage

Thunderbirdと拡張機能(アドオン)のインストール

noimage

2つあるIE10

noimage

ソフトバンクのプリペイドスマートフォン

noimage

複数のGoogleアカウントを切り替えて使う方法

noimage

Google Readerついに廃止

noimage

SNS・Facebookで詐欺騒動

Menu

HOME

 TOP