Android版Office表計算アプリQuickofficeスプレッドシート・書式設定、日付入力、金額入力

 Android無料OfficeアプリQuickofficeスプレッドシートは表計算アプリだ。

 Googleから無料で提供されているオフィスアプリで、MicrosoftのExcelに当たる。

 MicrosoftのExcelで使える関数がまれに使えないこともあるようだが、一般的な関数はフォローされているようす。

 WindowsXPのサポート終了に伴って、WindowsOSのパソコンでなく、Androidタブレットを使っていこうと思っている人には便利なソフトかもしれない。

 今日は、この、Android版Officeの表計算アプリQuickofficeスプレッドシートで簡単な表を作ってみよう。

Android版Officeの表計算アプリQuickofficeスプレッドシートで簡単な表を作ってみよう

 例として、A列に日付、B列に支出した金額を記した下のような表をQuickofficeスプレッドシートで作ります。

Quickofficeスプレッドシート例1

1、QuickofficeスプレッドシートA列に日付を入力する

1)Aの列を日付に設定する場合『A』の文字の入ったセルをタップ。

Quickofficeスプレッドシートセルの書式設定

2)書式設定のアイコンQuickofficeスプレッドシート書式設定アイコン
をタップ⇒セルをタップ⇒『数字の形式』をタップ⇒濃い文字の部分(初期状態では全般)をタップ。

Quickofficeスプレッドシート日付の書式設定

3)『日付』をタップ⇒「種類」の下をタップし、好みの日付の表示形式を選択する。

Quickofficeスプレッドシート日付の表示形式

4)日付を入力したいセルを2度タップ。

5)日付設定の画面が出てくるので▲▼で年月日を選択⇒『設定』

Quickofficeスプレッドシート日付設定・セルを2度タップするとこの画面が出てくる▼▲で日付を選択

Quickofficeスプレッドシートに日付が入力された⇔日付が入力された状態。

2、Quickofficeスプレッドシートに支出の金額を入力する

1)B列全体を金額として表示する場合、Bの文字が書いてあるセルをタップ。

Quickofficeスプレッドシートセルの書式設定

2)書式設定のアイコンQuickofficeスプレッドシート書式設定アイコンをタップ⇒セルをタップ⇒『数字の形式』をタップ⇒濃い文字の部分(初期状態では全般)をタップ⇒『通貨』をタップ。

Quickofficeスプレッドシート日付の書式設定

3)必要があれば「小数点以下表示桁数」をタップして桁数を変える。

4)「記号」の下の濃い文字の部分(初期状態ではNO)をタップ⇒¥や$を選択⇒「OK」。

通貨の記号の選択

5)「負の数の表示形式」の下にある濃い文字をタップ⇒結果がマイナスになる場合の表示を選択する⇒「OK」

負の数の表示形式

6)金額を入力するセルを2回タップする。

7)入力エリアが出てくるので、データを入力する。

Quickofficeスプレッドシートデータの入力

8)別のセルをタップする。

Quickofficeスプレッドシート例1
⇔Quickofficeスプレッドシートに日付と金額が入力された。

Quickoffice配布終了

 現在QuickofficeはGooglePlayストアからダウンロードすることができない。

 Quickofficeの機能は
「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」に統合された。

 現在Quickofficeを利用している人が使う分には問題なく使うことができるのだが。

 残念。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ワードで袋とじして両面印刷
Excelの迷惑なオートコンプリート機能をオフにする
リンクした動画がスクリーンに映らない!
noimage
Excel簿記とApacheOpenOfficeCalcで青色申告
無料ワープロソフトWriterの表で入力セルの数値を合計をするには
noimage
OpenOfficeCalcで列や行の連続する数値の合計を求る方法
OpenOffice Calcで複数セルの合計を求める
ワード用テンプレートを無料ワープロソフトで利用して年賀状作りを時短化する
オープンオフィス(OOO)Calcのセルの結合は、エクセルとはちょっと違う
複数のマイクロソフトWord(ワード)ファイルをひとつのファイルにする方法
noimage
区切りオプション
noimage

Menu

HOME

 TOP