スポンサーリンク

Windowsメモ帳のテキストファイルをAndroidアプリJota+(イオタ・プラス)で開く

 パソコンのテキストエディタ(メモ帳など)で作成したソフトをAndroid末端・スマートフォンでも使ってみよう。

 利用するAndroid側のテキストエディタはJota+(イオタ・プラス)無料で利用できるAndroidアプリ。

 テキストエディタの閲覧だけでなく編集もできる。

 文字コードなども自動判定してくれる。

Jota+(イオタ・プラス)のダウンロードとインストールはこちらの記事を見てね

 まずは、Windows標準のテキストエディタ『メモ帳』で作成したテキストファイルをAndroid末端Jota+(イオタ・プラス)で閲覧編集できるようにしてみる。

利用環境

・オフライン(インターネット上のストレージサービスなどを使わない)。

・PCはWindows7。

・テキストエディタはWindows付属のメモ帳。

・メモ帳で保存したファイルの文字コードはANSIである。

・Android側のテキストエディタアプリはJota+(イオタ・プラス)。

パソコンのメモ帳で作成したテキストファイルをAndroidアプリJota+(イオタ・プラス)で開く

1、Android末端やスマートフォンのSDカードをパソコンのSDカードスロットルに装着する。

2、保存したメモ帳のファイルを右クリック⇒『コピー』。

3、パソコンのスタートメニュー⇒『コンピューター』⇒『リムーバブル記憶域があるデバイス』の中のSDカードをダブルクリック⇒右クリック⇒『貼り付け』。

4、ファイルを保存したSDカードをAndroid末端・スマートフォンに戻す。

5、Android末端・スマートフォンを起動。

6、Jota+(イオタ・プラス)のアイコンをタップして起動させる。

7、メニューをタップ。

8、『開く』をタップ。

9、画面をスクロールして該当するファイルを見つけたら、タップしてファイルを開く。

 Jota+(イオタ・プラス)なら、Android側からの編集もできる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする