WordPressのリビジョンって何のためにある?

 Wordpressで、記事を投稿したときに、リビジョンというのが出て来る。

 リビジョンというのは、記事の下書きを自動保存する機能らしい。

 編集するたびにリビジョンは増える。

 そして、自動保存するのでさらに増える。

 便利な機能だが、問題もある。

リビジョン機能の何が問題か?

・記事数が増える?

 WordPressで投稿した記事には、その1つ1つに「ID」が割り振られる。
 「リビジョン」機能で保存された履歴に「ID」が振り分けられてしまう。 
 結果として、記事数はそれほどないのに「ID」がどんどん増える。

 ということらしいが、よくわからない・・・。

 架空のURLが増えるようなものかな?

・データベース容量を消費する

 WordPressで作成された記事やページ、リンクなどの各種データはサーバー上のデータベースに保管される。
 「リビジョン」機能で保存された履歴も同様にデータベースに保管されていく。
 このため、どんどんデーターベースの容量を消費するようになる。

リビジョン機能を制御するためには?

・プラグインを利用する。

・プラグインを利用しない。

 の二つの方法がある様子。

 プラグインを利用するメリットは、テンプレート(テーマ)が変わっても、手間を掛けなくてすむ。

 デメリットとしては、プラグインを入れすぎると、動作が重くなったりする。

 逆に、プラグインを利用しない場合、テンプレート(テーマ)が変わったら、テンプレートにいちいちコードを書き込まなければいけない。

 とまあ、問題があったりなかったり。

 でも、慣れていない人は、プラグインを使ったほうが簡単。

リビジョンを制御する2種類のプラグイン

・リビジョンを削除するWordpressのプラグイン

 「Better Delete Revision」がよく使われている様子。

・リビジョンの回数などを制御するWordpressのプラグイン

 「Revision Control」が有名。

 てなわけで、この二つのプラグインを導入することにした。

 次回からは、Wordpressのリビジョンを制御する2つのプラグインの導入と使い方について書いていきたい。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
GoogleAdsenseのはじめ方・まずは登録用のサイトを作ることから始めよう
旧FC2ブログの訪問者を新サイトに自動的に誘導するmeta
スタイルシートで角の丸いリンクボタンを作って見よう
WordPressコメントフォームのメールアドレス記入を必須項目からはずしてプラグインで注意事項を書き加えてみた
GoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」で訪問者を増やそう
RSS,フィード,Atomってなに?
noimage
Googleアカウントを習得したら、アドセンスにサイトを登録してみよう
Bloggerのテンプレートの文字の色やフォントを変えてみよう
FC2ただいま混乱中?
スクロールバーをスタイルシートで表示する
FC2ブログカスタマイズ「拍手ボタンの設置・拍手を自由な位置に配置する」
wordpress記事一覧・更新日順、1ページの表示件数制御、ページャー対応コード
FC2ブログの記事をテキストエディタでWordPress用に書き換えよう

Menu

HOME

 TOP