WordPressのリビジョンって何のためにある?

 Wordpressで、記事を投稿したときに、リビジョンというのが出て来る。

 リビジョンというのは、記事の下書きを自動保存する機能らしい。

 編集するたびにリビジョンは増える。

 そして、自動保存するのでさらに増える。

 便利な機能だが、問題もある。

リビジョン機能の何が問題か?

・記事数が増える?

 WordPressで投稿した記事には、その1つ1つに「ID」が割り振られる。
 「リビジョン」機能で保存された履歴に「ID」が振り分けられてしまう。 
 結果として、記事数はそれほどないのに「ID」がどんどん増える。

 ということらしいが、よくわからない・・・。

 架空のURLが増えるようなものかな?

・データベース容量を消費する

 WordPressで作成された記事やページ、リンクなどの各種データはサーバー上のデータベースに保管される。
 「リビジョン」機能で保存された履歴も同様にデータベースに保管されていく。
 このため、どんどんデーターベースの容量を消費するようになる。

リビジョン機能を制御するためには?

・プラグインを利用する。

・プラグインを利用しない。

 の二つの方法がある様子。

 プラグインを利用するメリットは、テンプレート(テーマ)が変わっても、手間を掛けなくてすむ。

 デメリットとしては、プラグインを入れすぎると、動作が重くなったりする。

 逆に、プラグインを利用しない場合、テンプレート(テーマ)が変わったら、テンプレートにいちいちコードを書き込まなければいけない。

 とまあ、問題があったりなかったり。

 でも、慣れていない人は、プラグインを使ったほうが簡単。

リビジョンを制御する2種類のプラグイン

・リビジョンを削除するWordpressのプラグイン

 「Better Delete Revision」がよく使われている様子。

・リビジョンの回数などを制御するWordpressのプラグイン

 「Revision Control」が有名。

 てなわけで、この二つのプラグインを導入することにした。

 次回からは、Wordpressのリビジョンを制御する2つのプラグインの導入と使い方について書いていきたい。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WordPress4.0、「ウインドウの高さに合わせてエディターを広げる」機能のON・OFF
またwordpressブログを消してしまった
GoogleAdSenseの「関連コンテンツ ユニットβ版」
スタイルシートの擬似要素after、beforeで前後に文字や画像を入れることができる
ドメイン選びの注意点
Googleアドセンスを設置したページ読み込みパフォーマンスを向上させるための対策
Googleアカウントを習得したら、アドセンスにサイトを登録してみよう
シーサーブログのタグページに記事概要(記事の要約・サマリー)を表示する方法
noimage
プラグインでWordPressのSEO
WordPressで画像が表示されなくなったら
文字の大きさが変えられないのは、スタイルシートのフォントサイズ指定の単位が問題
現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません
Googleアドセンスのサイト内検索ボックスのトラブル
シーサーブログの記事の直下に広告やブログランキングなどを貼り付ける・コンテンツHTMLを編集する

Menu

HOME

 TOP