WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方

 Wordpressの便利機能リビジョン(記事の自動保存などをする機能)。

 でも困ったことに、データーベースの容量をどんどん減らすというデメリットがある。

 今回は、Wordpressのリビジョンを制御するプラグイン「Revision Control」を使おうという話。

「Revision Control」をWordpressに導入する

1、管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

2、検索ボックスの中に「Revision Control」を入力し、「今すぐインストール」をクリック。

3、「OK」をクリック。

4、「プラグインを有効化」をクリック。

5、「設定」をクリック。

6、「リビジョン」をクリック。

7、「投稿」のリビジョン回数を選択。

8、「固定ページ」のリビジョン回数を選択。

9、「リビジョン範囲」はわからなければ触らない。

10、「変更を保存」をクリック。

 後は普通に記事を投稿するだけ。

 明日は、たまってしまったリビジョンを削除するプラグインのインストールと利用方法について。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

FC2ブログのテンプレートの中に、ナビゲーション(パンくずリスト)を入れ込む
Google のアカウントをもらおう
Googleアドセンスってなに?
wordpressの管理画面に入れなくなった場合の一番確実な解決法
WordPressをレンタルサーバーにインストール
WordPressで画像が表示されなくなったら
WordPressの投稿の編集のテキストモード「code」は何?
URLの形式は?ディレクトリ形式?サブドメイン形式
スタイルシートにコメントを入れるには?
wordpressテーマSTINGER3のサイドバー【NEW ENTRY】のアイキャッチ画像を削除
一番初めにWordPressの自動整形機能を止めるプラグインを入れよう
FC2ブログのdescriptionカスタマイズ・記事内容の要約を検索結果に表示して検索ユーザーに記事内容をアピールする
WordPressの無料テーマ3種をご紹介
ドメイン選びの注意点
現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません

Menu

HOME

 TOP