WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方

 Wordpressの便利機能リビジョン(記事の自動保存などをする機能)。

 でも困ったことに、データーベースの容量をどんどん減らすというデメリットがある。

 今回は、Wordpressのリビジョンを制御するプラグイン「Revision Control」を使おうという話。

「Revision Control」をWordpressに導入する

1、管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

2、検索ボックスの中に「Revision Control」を入力し、「今すぐインストール」をクリック。

3、「OK」をクリック。

4、「プラグインを有効化」をクリック。

5、「設定」をクリック。

6、「リビジョン」をクリック。

7、「投稿」のリビジョン回数を選択。

8、「固定ページ」のリビジョン回数を選択。

9、「リビジョン範囲」はわからなければ触らない。

10、「変更を保存」をクリック。

 後は普通に記事を投稿するだけ。

 明日は、たまってしまったリビジョンを削除するプラグインのインストールと利用方法について。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Bloggerで半角ダブルクォーテーション(")が自動で全角変換にされてしまう設定を変更しよう
WordPressツリー化プラグイン「小粋空間」のプラグインを使う方法
WordPress月別アーカイブを横表示にしてフッターに配置してみた
シーサーブログの最近の記事の設定の仕方
外部サイトでも使うことのできる画像形式
g+1ボタンを非同期に読み込んでwordpressの表示を高速化する
FC2ブログ記事直下に広告とランキングを自動的に挿入する
Googleカスタム検索のメリットとデメリットをWordPress標準検索と比べてみよう
Googleにサイトユーザーの対象国を知らせる方法
FC2ブログのタイトルの下に文字を入れてみよう
プラグインを使わないwordpressの記事一覧
シーサーブログの記事の直下に広告やブログランキングなどを貼り付ける・コンテンツHTMLを編集する
Bloggerのテンプレートの文字の色やフォントを変えてみよう
シーサーブログのカテゴリーページに記事の概要(要約・サマリー)を表示する
noimage

Menu

HOME

 TOP