WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方

 Wordpressの便利機能リビジョン(記事の自動保存などをする機能)。

 でも困ったことに、データーベースの容量をどんどん減らすというデメリットがある。

 今回は、Wordpressのリビジョンを制御するプラグイン「Revision Control」を使おうという話。

「Revision Control」をWordpressに導入する

1、管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

2、検索ボックスの中に「Revision Control」を入力し、「今すぐインストール」をクリック。

3、「OK」をクリック。

4、「プラグインを有効化」をクリック。

5、「設定」をクリック。

6、「リビジョン」をクリック。

7、「投稿」のリビジョン回数を選択。

8、「固定ページ」のリビジョン回数を選択。

9、「リビジョン範囲」はわからなければ触らない。

10、「変更を保存」をクリック。

 後は普通に記事を投稿するだけ。

 明日は、たまってしまったリビジョンを削除するプラグインのインストールと利用方法について。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

人気のフィード(RSS)リーダーfeedlyを設置してみた
FC2ブログのバックアップ機能使ってみた
旧FC2ブログの訪問者を新サイトに自動的に誘導するmeta
ブログの携帯表示をPCで見るには
WordPressコメントフォームのメールアドレス記入を必須項目からはずしてプラグインで注意事項を書き加えてみた
FTPクライアントソフト「WinSCP」インストールとサーバー接続設定
description次第で検索順位が変わる・訪問者が増える
Googleカスタム検索で自分のサイトへ戻るためのリンク設定をする
シーサーブログの最近の記事の設定の仕方
独自ドメイン収得・ムームードメイン
MySQLの追加
WordPressのTOPとアーカイブページで記事と記事の間に広告を入れる方法
音譜 はどうやって表示する?
WordPress月別アーカイブを横表示にしてフッターに配置してみた
現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません

Menu

HOME

 TOP