WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方

 Wordpressの便利機能リビジョン(記事の自動保存などをする機能)。

 でも困ったことに、データーベースの容量をどんどん減らすというデメリットがある。

 今回は、Wordpressのリビジョンを制御するプラグイン「Revision Control」を使おうという話。

「Revision Control」をWordpressに導入する

1、管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

2、検索ボックスの中に「Revision Control」を入力し、「今すぐインストール」をクリック。

3、「OK」をクリック。

4、「プラグインを有効化」をクリック。

5、「設定」をクリック。

6、「リビジョン」をクリック。

7、「投稿」のリビジョン回数を選択。

8、「固定ページ」のリビジョン回数を選択。

9、「リビジョン範囲」はわからなければ触らない。

10、「変更を保存」をクリック。

 後は普通に記事を投稿するだけ。

 明日は、たまってしまったリビジョンを削除するプラグインのインストールと利用方法について。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Googleアドセンスを設置したページ読み込みパフォーマンスを向上させるための対策
wordpressテーマSTINGER3のサイドバーのカテゴリー一覧とNEW ENTRYに背景色をつけてブロック分け
WordPressで使っていない画像を探して削除
FC2ブログのデーターバックアップの方法
JavaScriptを使った文字数チェッカー-全角半角共1文字と数える
Googleアドセンスをシーサーブログのタグページに表示させないようにする・2カラムテンプレートサイドカラム編
wordpress記事一覧・更新日順、1ページの表示件数制御、ページャー対応コード
WordPressのサイトマップをGooglewebマスターツールに登録しよう
noimage
Googleアドセンスってなに?
シーサーブログのカテゴリーページに記事の概要(要約・サマリー)を表示する
Google のアカウントをもらおう
FC2ブログのテンプレートの中に、ナビゲーション(パンくずリスト)を入れ込む
WordPressコメントフォームのメールアドレス記入を必須項目からはずしてプラグインで注意事項を書き加えてみた
URLの形式は?ディレクトリ形式?サブドメイン形式

Menu

HOME

 TOP