WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方

 Wordpressの便利機能リビジョン(記事の自動保存などをする機能)。

 でも困ったことに、データーベースの容量をどんどん減らすというデメリットがある。

 今回は、Wordpressのリビジョンを制御するプラグイン「Revision Control」を使おうという話。

「Revision Control」をWordpressに導入する

1、管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

2、検索ボックスの中に「Revision Control」を入力し、「今すぐインストール」をクリック。

3、「OK」をクリック。

4、「プラグインを有効化」をクリック。

5、「設定」をクリック。

6、「リビジョン」をクリック。

7、「投稿」のリビジョン回数を選択。

8、「固定ページ」のリビジョン回数を選択。

9、「リビジョン範囲」はわからなければ触らない。

10、「変更を保存」をクリック。

 後は普通に記事を投稿するだけ。

 明日は、たまってしまったリビジョンを削除するプラグインのインストールと利用方法について。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WordPress4.0にバージョンアップするとどこが変わった?
wordpressは半角のダブルクォーテーションが勝手に全角に変換されて表示される
Googleアドセンスってなに?
GoogleAdSenseの「関連コンテンツ ユニットβ版」
Googleカスタム検索をスタイルシートでカスタマイズ-コードは変更しないよ
noimage
FC2ブログの全記事リストを表示する時のHTMLタグと注意点
webセーフカラー216・短縮コード一覧
似た文章やHTML、スタイルシートなどの違いを比較するソフト
Googleアドセンスを設置したページ読み込みパフォーマンスを向上させるための対策
MySQLの追加
メタデーターdescriptionsでサイトの訪問者を増やそう
無料ブログサービスならSeesaaブログ もお勧め
テキストモードにクイックタグを追加-WordPress投稿の編集のカスタマイズ
レンタルサーバーミニバードでサーバーの使用量を確認する方法

Menu

HOME

 TOP