スマホの電池の減りがいきなり早くなったら

 ある日を境にスマートフォンの電池の減りがいきなり早くなった。

 古いスマホだし「電池の劣化?」だろうと思っていた。

 あるいは、WiFiに自動接続する設定になってる?

 画面が明るいのかな?

 いらないアプリでも入っている?

 いろいろ疑ってみたが、設定のせいでも電池の劣化でも、アプリのせいでもなかったみたい。




設定変えても1日持たないスマホの電池

 スマートフォンの電池の減りがいきなり早くなった。

 何しろ、何もやっていなくても12時間くらいしか電池が持たない。

 そこで、とりあえず、設定を見直してみた。

 電池を食いそうな、WiFiの自動接続はOffだし、画面の明るさの設定も特に問題ない。

 特別なアプリも入れてないし。

 やっぱり、電池の劣化かな?

 電池交換しないとダメかな?

 と思っていたのだが・・・。

電池切れに気づかず1日放置したら

 ある日、スマホの電池切れに気づかず、1日放置してしまった。

 カバンからスマホを取り出したら、電源ONにしても、画面は真っ暗。

 電源ボタンを長押ししても、スマホが起動しない。

 仕方ないので、充電器にスマートフォンをつないで、しばらく充電してみた。

 充電後、電源ボタンを長押しして起動したら、それ以降、以前のような「何もしていないのにスマホの電池が1日持たない」という状況が無くなった。

 めでたしめでたし。

電池の減りが速い時にはプロでも放電してみるらしい

 スマートフォン等の電池(バッテリー)の減りがひどい時は放電してみる。

 これ、プロでもやるらしい。

 放電する前にクリーナーアプリなどでキャッシュなどメモリ解放を行うとなおよいらしいが、電池(バッテリー)の完全放電だけでも、うちのスマホは調子が良くなった。

 ちなみに、パソコンなども、電源が入らなくなったら、バッテリーの完全放電をすると、調子が良くなる場合がある。

 簡単なので、試してみる価値あるかも。

 ただし、バッテリーを放電させるにはある程度の時間がかかるので、寝てる間とかにしたほうがいいかも。

バッテリーが外せる場合の放電

1.電池(バッテリー)を外して1時間~半日程度放置。
2.放置後、電池(バッテリー)を本体に戻して、再起動させる。

バッテリーが外せない場合の放電

1.バッテリーが0%になり自然に電源が落ちるまで使い切る。
2.その後、1時間程度、放置する。
3.USBではなく、電源から直接充電する。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする