ハードディスクにインストールしたUbuntu 12.04.21とWindowsの起動の切り替え

 無事、ハードディスクにインストールされたLinux・Ubuntu 12.04.2。

 仲良く、WindowsXPとUbuntu 12.04.2がひとつのパソコンに同居しているわけだが。

 さて、パソコンの起動はどうなってる?




WindowsとUbuntu 12.04.2の起動の切り替え

1、パソコンの電源を入れる。

2、OSの選択画面が出てくるので、↓でOSを選ぶ。
・何もしないと、LinuxOS・Ubuntuが起動する。
・『MicrosoftWindowsXPhomeEdition』を選択すると、WindowsXP・OSが起動する。

3、Enterを押す。

*LinuxOS・Ubuntuを起動させる場合は、特に何もしなくてもそのまま、LinuxOS・Ubuntuが起動する。

 Windowsを優先的に起動するようにすることもできるようだ。

 が、初心者管理人は、とりあえずここまで。

Ubuntu へログイン

1、Ubuntu が起動したら、インストールのときに設定したパスワードを入力。

2、Enterを押す。

Ubuntu ・メニューの日本語化

1、設定→「Install / Remove Language」ボタンをクリック。

2、「Japanese」にチェックがはいっているか確認。
*チェックが入っていない場合は、チェックを入れて「Apply Changes」(「システム全体に適用」)ボタンをクリック。
*チェックが入っている場合は、「Cancel」ボタンをクリックしてこの画面を閉

3、言語一覧(Language for menus and windows)に「日本語」があるので、これを一覧の一番上にドラッグ&ドロップで移動。

4、 「キーボード入力に使うIMシステム」のメニューから「ibus」を選択。

5、「地域フォーマット」のタブをクリックし、メニューから「日本語」を選択します。
「日本語」を選択したら「システム全体に適用」ボタンをクリック。

6、再起動

なぜかメニューバーだけが英語表示

 管理人の場合、ハードディスクにインストールした段階で、ほとんど日本語化されてたのだが、なぜか、メニューバーだけが英語表示だった。

 で、2、3は操作する必要がなかったのだが、「システム全体に適用」をそれぞれクリックしたら、メニューバーも日本語表示になりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする