Ubuntu 12.04.2をPCのハードディスクにインストールする方法(WindowsOSと同居させる)

 USBメモリーから、ハードディスクにUbuntu 12.04.2をインストールする方法。

 前回の記事、『Ubuntu 12.04.2は8GBUSBメモリーで起動させるには容量が大きいみたいだ』には大いなる勘違いがあった。

 USBメモリーにインストールしたUbuntu 12.04.2は、ハードディスクにインストールするためのステップのひとつだった。

 要するに、WindowsのインストールCDと同じ、本格的に使うには、ハードディスクなりにOSとしてインストールしないといけなかったらしい。

 でも、なまじ、USBのままでも、色々と操作できてしまうので、気がつかなかったのだ。

 USBメモリーにインストールしたISOはあくまでおためし用だったわけだ。

 ということで、本格的にハードディスクにLinux・Ubuntu 12.04.2をインストールした。

 で、その前に色々とご注意を




Ubuntu 12.04.2をハードディスクにインストールする前のご注意

・ハードディスクのパーティションはひとつでも大丈夫。
 パーティションがひとつでも、WindowsOSとUbuntu 12.04.2の同居はできます。
 へたにフリーソフトなどでパーティションを事前にいじらないほうが簡単にインストールできる。

・Cドライブに4.5GB以上の空きがあることを確認してね。
*Ubuntu 12.04.2には、パーティションサイズを調整する機能が備わっているので、Cドライブ以外に同じハードディスクにあきパーティションがあれば、多分大丈夫。

Ubuntu 12.04.2をPCのハードディスクにインストールする方法(WindowsOSと同居させる場合)

1、日本語版Ubuntu 12.04.2ISOubuntu-ja-12.04.2-desktop-i386.iso(DVDイメージ) (md5sum: b63ea1034e489f1f24fb9509c458c286)をサイトからダウンロードして、UnetBootinでUSBにISOをインストール。

2、LinuxOS・Ubuntu 12.04.2のインターネット接続の設定(ADSLモデム、光回線との直接接続の場合)を行う。

3、インストールアイコンをクリック。
ubuntu ハードディスク インストールはこのアイコンをクリック ←このアイコンをクリックする。

4、『Windowsと別にUbuntu 12.04.2をインストールする』『WindowsをUbuntu 12.04.2で上書きする』『自分でパーティションを指定してインストール』のうちどれかひとつを選ぶ。
*Ubuntu日本語版のバージョンによって、ちょっと、表現が違っているかも。
 それぞれの項目の下に、説明があるので、きちんと読んで選択すること。
*今回は、WindowsXPもOSとして残したいので、『Windowsと別にUbuntu 12.04.2をインストールする』をチェック⇒続行ボタンをクリック。

5、必要があれば、ハードディスクのパーティションをスライドバーで調整する。

6、日本語をクリックして、選択(言語のリストの一番下のほうにある)⇒Ubuntu をインストールする。

7、地域とtimeゾーンを選ぶ⇒進むをクリック。

8、キーボードレイアウトを選択して、進むをクリック。

9、起動時にパスワードを設定する場合『、ログイン時にパスワードを要求する』を選択、 『名前』(本名でなくてもOK)を入力・パスワードを入力・パスワードを再入力し『進む』をクリック。
*『ログイン時およびホーム・フォルダの復号化時にパスワードを要求する 』『自動的にログインする』を選択することもできる。

10、『インストール』をクリック。

11、『今すぐ再起動』か『試用を続ける』をクリック。

12、Ubuntuが中央に表示されるような画面が出たら、Enter キーを押す。
*管理人の環境の場合、今すぐ再起動をクリックしても、電源が切れるだけでした。
 再起動のさいは、パソコンの電源スイッチをおして、起動。

LinuxUbuntuインストールにかかった時間は?

 1、でトータル1時間。

 2から12までで、1時間強。

 全部で、2時間以上かかった。

 あー疲れた。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする