機内モードでAndroidスマートフォンを節電

 Androidスマートフォンってすぐ電池がなくなる。

 放っておいたら、1日で電池はゼロになったりする。

 一番、電池を節約できるのは、電源を切ってしまうこと。

 が、電源を切ってしまうと、今度は、起動するのにとても時間がかかる。

 そんなスマートフォンの電池を節約するアプリもいろいろ出ている。

 が、いっそのこと、機内モードにしてしまうという手もある。

 機内モードにすると、電話やmailなども着信できなくなるのが何だが。

 通話はフューチャーフォン、Androidスマートフォンは電子手帳として使ってるなんて人には、非常に有効。

機内モードにするメリット

・電池の消耗を防ぐことができる。

・起動が早い。

機内モードのデメリット

・通話が使えない。

・GPSが使えない。

・インターネットが使えない。

 機内モードというのは、Androidスマートフォンなどの通信機能をOFFにする機能なので、その分電池も節約できる。

 GPSやインターネットは必要あるときだけ使えばいいという人にはお勧めの節電方法。

機内モードの設定の仕方

1、Android末端の電源ボタンを長押する。

2、画面上の『機内モード』をタップ。

 これで、画面が暗くなる(スタンバイ状態になる)。

 Android末端を使うときは、電源ボタンを一回押す。

 すぐに、ログイン画面が出てくる。

 電話やLINEが使えないと困るって人は、電源管理アプリなどを使うと、利用する通信アプリは有効にして、他のアプリを停止させることもできる。

 Googleplayで検索するといろいろな電源管理アプリがあるので探してみるといいかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする