シャットダウンとスリープ・休止どれが一番節電になる?

 パソコンの節電、意識している?

 例えば、シャットダウンとスタンバイとスリープ・休止、どれが電気をたくさん使うか?

 ちょっと、休憩とかの時に、わざわざパソコンの電源を落とすのは節電にならない。

 シャットダウン・スタンバイとスリープ・休止をうまく使い分けよう。

 自動的に切り替わるよう設定もできる。




シャットダウン・スタンバイ・スリープ・休止とは?

 パソコンの電源管理の方法がシャットダウンとスタンバイとスリープ・休止。

 それぞれ、どう違うとみてみよう。

シャットダウンとは

 パソコンの電源を落とすこと。

 作業状態は自動保存されないので、シャットダウン前に必要な作業は保存しておく必要がある。

シャットダウンの方法

スタート→電源ボタン→シャットダウン-電源管理-Windows10

[スタート→電源ボタン→シャットダウン-電源管理-Windows10]

 シャットダウンするには

1.スタートボタンをクリック。

2.電源ボタンをクリック。

3.〔シャットダウン〕をクリック。

 Windows7の場合は

1.スタートボタン をクリック。

2.〔シャットダウン〕をクリック。

Windows 8.1 の場合 は

1.マウスを画面の左下隅に移動して 〔スタート〕ボタンを右クリックするか、キーボードの Windows ロゴ キーを押しながら X キーを押す。

2.〔シャットダウンまたはサインアウト〕をタクリック。

3.〔シャットダウン〕を選択。

シャットダウンから電源を入れるには

 シャットダウンから電源を入れるには

パソコンの電源ボタンを押す。

スタンバイ

 現在の作業中のデータを物理メモリに一時保存する。

 電源は落さない。

 復帰はスリープ機能と比べて早いが、消費電力はわずかに消耗する。

スリープ

 現在の作業中のデータをHDDに一時保存し、電源を落とす。

 消費電力は消耗しないが、復帰に時間がかかる。

 データー保持のための消費電力はかかる。

 ノートパソコンなどでOSがWindowsの場合、バッテリー充電量が少なくなると 、すべての作業状態が保存されて電源がOFFになるという機能がある。

スリープの方法

スタート→電源ボタン→スリープ-電源管理-Windows10

[スタート→電源ボタン→スリープ-電源管理-Windows10]

 スリープにするには

1.スタートボタンをクリック。

2.電源ボタンをクリック。

3.〔スリープ〕をクリック。

 Windows7の場合は

1.スタートボタン をクリック。

2.〔スリープ〕をクリック。

 ノートパソコンの場合、 PC のカバーを閉じただけで〔スリープ〕になる設定になっていることもある。

スリープからの復旧

 スリープ状態からの復旧方法は、

  • PC の電源ボタンを押す。
  • キーボードの任意のキーを押す。
  • マウスのボタンをクリックする。
  • ノート PC のカバーを開く。

 など。

 パソコンによって違いがあることも。

スリープ時間の自動設定

1.〔スタート〕をクリック。

2.〔設定〕をクリック。

Windows10設定

[Windows10設定]

3.〔システム〕をクリック。

 
システム-設定-電源管理-Windows10

[システム-設定-電源管理-Windows10]

4.〔電源とスリープ〕をクリックし、スリープの時間を設定する。

電源とスリープ-システム-設定-電源管理-Windows10

[電源とスリープ-システム-設定-電源管理-Windows10]

休止

 ノートパソコンの場合、「休止」というモードがある場合もある。

 休止はスリープよりも電力消費が少なく、PC を再開すると、PC から離れたときの状態に戻ることができる。

 ただし戻るまでの時間はスリープより長くかかる。

休止モードの追加設定

MicrosoftのHPでは

ノート PC やタブレットでは、長時間使用せず、その間バッテリを充電できないとわかっているときは、休止状態にすることをお勧めします。

 との記載がある。

 が、〔休止〕を利用するには、事前の準備がいる。

Windows 10 の場合は

1.〔スタート〕→〔設定〕→〔システム〕→〔電源とスリープ〕→〔電源の追加設定〕。

電源の追加設定-電源とスリープ-システム-設定-電源管理-Windows10

[電源の追加設定-電源とスリープ-システム-設定-電源管理-Windows10]

2.〔電源ボタンの動作の選択〕を選択。

電源ボタンの動作を選択する-休止-Windows10

[電源ボタンの動作を選択する-休止-Windows10]

3.「現在利用可能ではない設定を変更します」を選択。

現在利用可能ではない設定を変更します-休止-Windows10

[現在利用可能ではない設定を変更します-休止-Windows10]

4.〔シャットダウン設定〕 で、〔休止状態〕チェック ボックスをオンにする。

5.〔変更の保存〕を選択。

電源ボタンをクリックで〔休止状態〕の選択ができるようになった-Windows10

[電源ボタンをクリックで〔休止状態〕の選択ができるようになった-Windows10]

シャットダウン・スリープ・休止・スタンバイどれが一番節電になる?

 こうやって見ると、当然シャットダウンの方が節電になると思うのだが・・・。

 実は、パソコンが一番電力を食うのは、起動する時。

 というわけで、パソコンを使わない時間の長さによっては、シャットダウンをしてしまうと逆に電気を食うことになる。

 目安は1時間30分から1時間45分。

 1時間30分程度の時間で再度使用する場合は、スリープや休止の方が消費電力が少なく済むのだそうだ。