Adobeサイバー攻撃で個人情報流出

 今度はAdobeからクレジットカード情報が大規模流出したらしい。

 原因は、サイバー攻撃。

サイバー攻撃によるAdobe情報の流出内容

・利用者のID、パスワード、および290万人分の暗号化したクレジットカード・デビットカードの番号、有効期限、利用者の注文に関連する情報。

・アプリケーション開発環境「ColdFusion」やその他の製品の設計図に当たるソースコード。

 Adobeでは、暗号化された情報は解読されらとは考えにくいとは言っている。

 が、Adobeの製品を使ったりしている人に対しては、IDパスワードを変更するようにメールを送信しているそうだ。

 他のWebサイトで同じIDやパスワードを使い回している場合は、それらも変更するように勧告もしている。

Adobeの情報流出対策

・サイバー攻撃の影響の及んだ利用者のパスワードをリセット。
 パスワードの変更方法を記載した電子メールを送信。

・情報流出したクレジットカードの発行会社やデビットカードの発行銀行には、すでにアドビから連絡。 
 被害にあった利用者にAdobeからの通知書を届ける。

 割と、対策がきちんとしている印象を受ける。

 しかし、やっぱりIDとパスワードの使いまわしはよろしくない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする