スタイルシートの擬似要素after、beforeで前後に文字や画像を入れることができる

 スタイルシートの擬似要素というのを使うと、ちょっと面白いことができる。

 擬似要素の代表的なafter、beforeについてちょっとメモ代わりに書いておく。




スタイルシートの擬似要素after、beforeでできること

 スタイルシートの擬似要素を使うと、前後に文章や画像、音声などいろいろなものをくっけることができる。

 具体的には、

・画像を使わずにリストマークのようなものをリンクの先頭や後ろにつける。

・指定した部分に定型文(画像、音声などを含む)を入れる。

表示できるブラウザの種類

 7以前のIEには対応していない。

擬似要素after 

 後ろに付け加える。

擬似要素before 

 前に付け加える。

 擬似要素のafterとbeforeはブロック要素でもインライン要素でも利用できる。

擬似要素afterの利用例

スタイルシートの記載例

h3:after {content:"⇒";}

HTLの記載例

<h3>「今日の話題は擬似要素の使い方」</h3>

ブラウザの表示

「今日の話題は擬似要素の使い方」⇒

擬似要素beforeの利用例

スタイルシートの記載例)

h3:before {content:"⇒";}

HTLの記載例

<h3>「今日の話題は擬似要素の使い方」</h3>

ブラウザの表示

⇒「今日の話題は擬似要素の使い方」

ほかにもあるスタイルシートの擬似要素

擬似要素first-line

 ブロックレベル要素の最初の行を対象にスタイルを適用する。

擬似要素first-letter

 ブロックレベル要素の最初の文字を対象にスタイルを適用する。

 first-line、first-letterはインライン要素には適用できない。