スポンサーリンク

IMEパットが見当たらない場合

 手書き入力や辞書登録するためのIMEパットが見当たらない。

 IMEパットはは言語バーや入力アイコンはアイコンで表示されるはずなのだが、パソコンの設定によって、言語バーや入力アイコンが表示されないなんてことが起きる。

 で、今回は言語バーや入力アイコンの表示の仕方のお話。

言語バー・入力アイコンとは

 Windows で文字を入力するときの補助ツール。「入力方式」や「入力モード」の確認や設定、「IMEパッド」「辞書ツール」などの起動に使う。

アイコン表示の言語バー

[言語バー]

 言語バーが表示されていない場合、「あ」「A」など入力モードを示すアイコンが表示される。

入力アイコンを右クリック

〔入力アイコンを右クリック〕

 入力アイコンを右クリックすると言語バーとほぼ同じことができるようになっている。

 が、PCの設定によって言語バーも入力アイコンも表示されないことがある。

 言語バー・入力アイコンの表示非表示はPCの設定から行う。

Windows10の言語バー設定

1.「スタート」をクリック。

2.設定をクリック。

スタート-設定-言語バー

[スタート-設定-言語バー]

3.「言語と時刻」をクリック。

時刻と言語

[時刻と言語]

4.「地域と言語」をクリック。

地域と言語

[地域と言語]

5.「キーボードの詳細設定」をクリック。

6.必要に応じ「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れる。

7.「言語バーのオプション」をクリック。

言語バーのオプション

[言語バーのオプション]

8.「言語バー」タブの項目を必要に応じて設定し、「適応」をクリックし、「OK」ボタンを押す。

言語バーのオプション設定ごとの言語バーの表示について

 「必要に応じて」とかあいまいな書き方をしているのは、言語バーのオプションなどの設定の組み合わせによって、言語バーの表示が変わってくるため。

「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れた場合の言語バー設定と表示

 「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れた場合の言語バーの表示パターンの例をいくつかご紹介。

デスクトップ上でフロート表示する

「デスクトップ上でフロート表示する」のみの設定の場合、下の画像のように言語バーが表示される。

デスクトップ上でフローと表示する

[デスクトップ上でフローと表示する]

 入力できる場合には入力アイコンも表示される。

タスクバーに固定する

 言語バーを「タスクバーに固定する」のみに設定した場合、下の画像のように言語バーと入力アイコンが表示される。

タスクバーに固定する

[タスクバーに固定する]

「表示しない」のみの設定

 言語バーを「表示しない」のみに設定すると、タスクバーに入力アイコンだけが表示される。

表示しない

[表示しない]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする