スポンサーリンク

今更聞けないtabキーの使い方

 実は最近までtabキーの使い方を知らなかった。

 でも、使い始めたら、便利なことこの上ない。

 で、皆さんにもtabキーの便利さをお伝えしたい!

tabキーで移動を簡単にできる

 tabキーの使い方の一つが、入力欄やリンクへの移動。

tabキーで移動

[tabキーで移動]

tabキーならリンクや入力欄の移動が楽

 tabキーを使うと、リンクや入力欄の移動が楽だ。

 tabキーを押すたびに、リンクや入力欄へ移動できる。

 わざわざ、キーボードから手を放して、マウスをつかんで、カーソルを入力欄において、また、キーボードへ手を戻して入力する。

 なんてことをしなくて済む。

 tabキーをポンポン通して、入力欄を移動して、目的の入力欄で、そのまま、キーボードで入力すればよい。

 リンクの場合は、そのままenterキーを押す。

すすみすぎたらshift+tab

 tabキーを押しすぎて、目的の入力欄を通り過ぎたらshift+tabで戻ることができる。

横方向への移動はctrl+tab

 横方向へ移動するときは、ctrl+tabで移動する。

 shift+ctrl+tabだと戻ることができる。

tabキーと合わせて使うスペースキー

 tabキーで入力欄へ移動できるのはいいけど、ラジオボタンや✔は結局マウス操作しないといけない。

 なんてことないよ!

 ラジオボタンや✔を付けるときは、スペースキーを押す。

 マウスに手を置かなくても、ちゃんとラジオボタンや✔の選択ができる。

 プルダウンは←↑↓→で選択して次に進む

 プルダウンの場合は、←↑↓→で選択してtabキーで次に進む。

 仕様によっては、tabキーで選択してenterキーを押す。

alt+tabキーでソフトの切り替え

 altを押しながら、tabキーを押すとソフト(アプリケーション)の切り替えができる。

 いくつものソフト(アプリケーション)をパソコン上で使う人には便利な機能。

 いくつもソフト(アプリケーション)を起動させて作業をしていると、使いたいソフト(アプリケーション)が隠れてしまう。

 が、altを押しながら、tabキーを押すとソフト(アプリケーション)の選択画面が出るので、tabキーを押すと、ソフト(アプリケーション)の選択ができる。

alt+tabでアプリケーションの切り替えができる

[alt+tabでアプリケーションの切り替えができる]

 使いたいソフト(アプリケーション)を選択したら、altを押したままenterを押すと、選択したソフト(アプリケーション)が手前に表示され、PCの画面の前面に表示され、そのまま使用できるようになる。