32ビットOSと64ビットOSの違い

 パソコンのOSで32ビットと64ビット。

 果たしてどう違う?

 今まであまり気にしたことがなかったパソコンOSのビット数。

 今までの主流は32ビットだったので、悩む必要もなかったのだが・・・。




32ビットOSと64ビットOSの違い

・旧式の32ビットに対して、新式の64ビットは、より大量の情報が処理できる。
・64ビットはメモリーを4GB以上搭載・利用できる。

 32ビット版は4GBが上限。

 これによりソフトの動作がより高速で快適にすることができる(といわれている)。

・64ビットのほうが32ビットよりセキュリティ機能が強固。

64ビット版OS購入時の注意

・32ビット版用の一部の古いソフトや周辺機器が正常に使用できない可能性がある。

 64ビット版のWindowsには、32ビットソフトが動くシステムが組み込まれている。

 ただし、32ビット版のソフトが必ず動くという保証はない。

 Windows7は、最後の32ビット版OSといわれていたのだが、結局、Windows8・Windows10でも、32ビット版と64ビット版の2種類のOSが用意されている。

 ちなみに、Windows7・8には、IEのほうも32ビット版と64ビット版の両方が入っている。

 標準の設定で動くのは32ビット版のIE。

 64ビット版では、Adobe Flashが表示されないなどの問題もある。

Windows10で32ビット版か64ビット版かをみる

パソコンのバージョン情報-OS

[パソコンのバージョン情報-OS]

 Windows10で32ビット版か64ビット版かを見るには

1.スタート→設定をクリック。

2.〔バージョン情報〕をクリック。

3.ウィンドウをスクロールして、「デバイスの仕様」をみる。

 「システムの種類」で「64ビット オペレーションシステム」と表示があれば、64ビット。