ページタイトルの問題点と改善点を把握して訪問者を増やそう

 ブログのアクセス数に大きな影響を与えるのが「ページタイトル」。

 検索結果のページタイトルを見てサイトをクリックするケースが多い。

 今回は「ページタイトルの重要性」「ページタイトルに問題があるかどうかを調べる方法」と「最適なページタイトルの文字数」などについてご紹介。

 ページタイトルを改善するとブログのアクセス数を増やすことができるかもしれない。

検索結果のページタイトルで訪問するサイトを選択する人の%

 2014年、あるシステムアプリの開発会社で1000人の男女に行ったアンケートの結果を見ると以下のようになる。

検索結果で表示されたタイトルで判断してクリックする人の割合

  • 回答者数:568人
  • 比率56.74%

 この結果を見ると「検索結果に表示されたページタイトルで内容を判断する」という人が6割近く居るということがわかる。

ページタイトルの例

検索結果に表示されるページタイトル

0-1タイトルタグ

 赤い枠で囲った部分が検索結果に表示されるページタイトル。

HTML上のページタイトル

 HTMLの記載ではページタイトルは以下のように記述される。

<title>ここにページタイトルが入る</title>

ブログのページタイトルは?

 ブログの場合ページタイトルは、記事を書くときに付けるタイトル、表題の部分。

ブログのページタイトル記入部分

 ブログのページタイトルのHTML記述はそれぞれのブログサービスによって違っている。

 また、テンプレートによっても違う。

 基本は「<title>ここにページタイトルが入る</title>」だが、ブログ特有の変数で条件分岐や変数で記載される。

最適なページタイトルの文字数は?

基本的なページタイトルの考え方

 ページタイトルが検索エンジンの検索結果に表示されるのは最大28文字。

 28文字以上のページタイトルは省略されてしまう。

 かつてはGoogleの検索結果に表示されるページタイトルは32文字だったが、今は28文字。

 その代わりタイトル部分の文字が大きく表示されるようになった。

ページタイトルに記号が使われていると

 ページタイトルに記号「|」「-」「!」「、」が使われていると28文字以内でも記号部分でタイトルが切られてしまうケースがある。

 特に記号が2連続で使われているとその記号から先はページタイトルが見事に切られてしまうらしい。

検索結果のページタイトルを実際に確認するには?

 Google検索でページタイトルがどのように表示されているか確認してみよう。

1.ブラウザの検索ボックスに自分のサイトのトップページのURLを入力。

2.検索ボタンをクリック。

 Google検索でページタイトルを確認

 自分のサイトがGoogleの検索結果に表示される。

GoogleWEBマスターツールでページタイトルの問題点を把握する

 GoogleWEBマスターツールを利用するとページタイトルにどんな問題があるか把握することができる。

 「GoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」で訪問者を増やそう

ページタイトルは検索結果の順位にも影響する

 ページタイトルはクリック率だけでなく検索結果の順位にも影響する。

 ページタイトルにキーワードが含まれているかどうかが検索して場合の表示順位に大きな影響を持っている。

 ページタイトルを決めるときには「28文字以内」「記号の利用は慎重に」そして「キーワードを含める」を念頭においてタイトルをつけよう。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

スタイルシートの擬似要素after、beforeで前後に文字や画像を入れることができる
Googleカスタム検索で自分のサイトへ戻るためのリンク設定をする
FC2ブログのデーターバックアップの方法
レンタルサーバー・ミニバードへの仮登録方法
WordPressをレンタルサーバーにインストール
wordpressでスマートフォンだけに表示・非表示を行う
Googleアカウントを習得したら、アドセンスにサイトを登録してみよう
独自ドメインをレンタルサーバーに登録する・ムームードメイン&レンタルサーバーミニバード
FC2ブログの記事をワードプレスにインポート
webセーフカラー216・短縮コード一覧
GoogleAdSenseのページ単位の広告
Googleアドセンスの種類は?
URLの形式は?ディレクトリ形式?サブドメイン形式
Googleアドセンスの検索ボックスを編集したらコードが収得できなくなった場合の対処法
レンタルサーバーミニバードの契約切れの対処

Menu

HOME

 TOP