Internet Explorer用セキュリティ更新プログラムはWindowsXPも対象

 InternetExplorerの脆弱性が報道されて、アメリカの国土安全保障省のコンピュータ緊急対応チーム(US-CERT)から異例の「IE使うな」という通達がでた。

 そして昨日、ようやくMicrosoftから、IEの修正プログラムの更新が始まった。

IE修正プログラムはWindowsXPにも

 4月9日にサポートを終了したWindows XP上のInternet Explorer用セキュリティ更新プログラムも公開している。

 ただし、これはWindows XPユーザーが、未だに多く残っている状況を受けての措置でいわば、Microsoftのサービス。

 Microsoftでは「この脆弱性を悪用する攻撃は非常に限定的で、広まっている状況ではないので安心してください」と冷静に対処することを促している。

 攻撃回避策として推奨されていた「VGX.DLLの無効化」を行なっている場合、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に解除する必要がある。

IEとは?

 IEはインターネット閲覧のためのソフト(ブラウザ)の一種。

 IEはInternetExplorer(インターネットエクスプローラー)の略。

 Windowsパソコンに標準で付いているソフトである。

 このため各種あるブラウザの中でも、利用者数が多い。

 2014年の1月時点でのブラウザの利用状況を見ると、IE8 21.2%、IE11       11.52%、IE10 9.28%、IE9 8.92%、IE6 4.54%、 IE7 2.45%Firefox4 17.81%、Chrome 16.28%、Safari 5.80% 、Opera1.28%。

 IEのすべてのバージョンを含めると、全ブラウザの55%がIE(InternetExplorer(インターネットエクスプローラー)。

 このため、ソフトの脆弱性を利用したインターネット犯罪の標的になることも多い。

 Microsoftでは、この脆弱性を修正するためのプログラムを適宜更新している。

 Windowsパソコンの利用者の場合、買った時のまま特にパソコンの設定を変えていなければ、自動的に更新プログラムがインストールされる。

IE(InternetExplorer・インターネットエクスプローラー)の脆弱性を利用した犯罪

 IE(InternetExplorer)の脆弱性を利用したウィルスに感染すると、パソコンを他人にのっとられ、他人に他の場所からパソコンを操作されたり(遠隔操作)、パソコン内の情報を抜き取られたりすることがある。

 パソコンそのものの機能が停止してしまうこともある。

 また、ウィルスに感染したパソコンから、インターネット・USBメモリー・SDカードなどを通して、他のパソコンに次から次へとウィルスが感染していく場合もある。

 今回の脆弱性はInternet Explorer 6~11までのバージョンが対象。

 要するに、今日本でインターネット閲覧に使われているソフトの半分以上が対象ってこと。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

USBメモリーが『書き込み禁止になっています』の対処方法・基本編
パスワードを忘れてしまったらパスワードディスク(パスワードリセットディスク)を作ろう
Microsoftの修正プログラムの更新スケジュール
GooglePlayからAndroidアプリをダウンロードしよう
PDFのオリジナルスタンプをOpenOfficeWriterで作る
ゴミ箱からファイルを復元する
PDFのオリジナルスタンプはペイントとOpenOfficeWriterで簡単に作れる
Windowsパソコンが無線LAN内臓かを調べる方法
iPhone 、iosの内部データ完全消去法
NumLkが原因かも「文字が打ち込めない、数字になる、日本語にならない」
セキュリティソフトは削除が難しい
スマートフォンの着信メッセージはどうやって削除する
ガラパゴス携帯(ガラケー・フィーチャーフォン)の予定表(スケジュール)をオフラインで、Android末端にコピー
使用していない言語入力サービスを削除する
PDFにはどんなメリットがある?

Menu

HOME

 TOP