1つのMySQL(データベース)で複数のブログを作る・WordPressの手動インストール

 本格的にFC2ブログのWordPressへの引越しを準備している。

 引越しついでに、このブログも細分化していくつかのブログに分けたいと思う。

 今のままだと、とってもわかりにくいブログになってるんだもん。

 でも、ミニバードのMySQL(データベース)は、5つなんだよなあ。

 5つで足りるかちょっと心配。

サーバーの簡単インストールでは1つのMySQL(データベース)では1つのブログしか作れない

 サーバーの簡単インストールだと、1つのMySQL(データベース)に複数のWordPressをインストールできない。

 ということは、1つのMySQL(データベース)では複数のWordPressブログは作れない。

 でも、手動でWordPressをインストールすれば、複数のWordPressブログが作れるそうだ。

 というわけで、今回は1つのMySQL(データベース)で複数のブログを作るためのWordPressのインストール方法をご紹介したい。

1つのMySQL(データベース)で複数のブログを作る方法

WordPress日本語公式サイトからWordPressをダウンロード

  1. WordPressを日本語公式サイトからダウンロード
  2. ZIPファイルをダブルクリックして解凍する。
  3. できた『WordPress』フォルダを任意の場所に保存。

サーバーのMySQL(データベース)の設定

  1. ミニバードへログイン。
  2. データベースの設定をクリック。
  3. MySQLのパスワードがわからない場合は、MySQLの【パスワード変更】をクリック。
  4. パスワードを入力し【確認画面】のボタンをクリック。
  5. 確認画面が出てくるので、確認して確定する。
  6. *ここで入力したパスワードは後で利用するのでメモしておくこと。

WordPressをインストールするドメインのフォルダにアップロード

  1. FTPソフトを起動させサーバーに接続する。
  2. WordPressをインストールするドメインのフォルダの中に解凍した『WordPress』の中身を全てアップロードする。

WordPressの設定

  1. WordPressをインストールしたドメインの頭にhttp://をつけてブラウザのURL欄に入力し移動。
     例)http://ドメイン
  2. 『さあはじめましょう』のボタンをクリック。
  3. 各項目を記入して【送信】
    [データーベース名]⇒レンタルサーバーで作成したデータベースの名前。
    [ユーザー名]⇒MySQLのユーザー名
    [パスワード]⇒MySQLのパスワード。
    [データーベースのホスト名]⇒サーバーのMySQL情報の「MySQLホスト名」
    [テーブル接頭辞]⇒wp部分を任意の文字に書き換える(この部分を書き換えれば、複数のWordPressをインストールすることが可能だ)。
    【送信】ボタンをクリック。
  4. 【インストール実行】をクリック。
  5. サイト名などを記入して行し、【WordPressをインストール】をクリック。
  6. 【ログイン】ボタンをクイック。
  7. ログイン画面が現れるので、ユーザー名とパスワードを入力して【ログイン】ボタンをクリック。

 これで、WordPressの管理画面に入ることができる。

http://ドメインをブラウザに入力してもWordpressの設定画面に入れない場合の対処方法

 ほとんどのサイトで紹介しているのがhttp://ドメインをブラウザに打ち込んでWordpressのインストール画面に入る方法。

 このブログもhttp://ドメインをブラウザに打ち込んだ時点でWordpressの設定画面に入れた。

 が、先日、もうひとつブログをFC2ブログから移転させようとWordpressを手動でインストールしようとしたところhttp://ドメインをブラウザに打ち込んでもWordpressの設定画面に入れない事態になった。

 Wordpressのアップロードそのものは成功しているし、特に問題がなかったはずなのだが、なぜかhttp://ドメインをブラウザに打ち込んでも「お客様のホームページがアップロードされていません」の表示しか出てこない。

 偶然、解決方法を見つけたので皆さん以後紹介しておく。

1.index.htmlを削除する。

 サブドメインを作ったり独自ドメインを登録したりしたときにサーバーが自動で作るindex.htmlを削除する。

 この方法は、いろいろなサイトで紹介されているのだが、おいらの場合はindex.htmlを削除してもWordpressのインストール画面に入れなかった。

2.http://ドメイン/wp-adminをブラウザに貼り付けて移動させる

 いろいろ調べてもわからなかったので、ためしに「http://ドメイン/wp-admin」をブラウザのアドレスバーに貼り付けて移動してみた。

 見事にWordpressの設定画面が現れた。

 皆さんの中でも、Wordpressを手動でインストールしようとしてうまくいかず、Wordpressのインストール画面が現れないという人は「http://ドメイン/wp-admin」をブラウザのアドレスバーに貼り付けてみるとWordpressのインストール画面「さあはじめましょう」が出てくるかもしれない。

 なお、「wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中」の中で 画像入りで説明している。

 やっぱり画像入りのほうがわかりやすいので、上のサイトも見てね。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WordPress4.0にバージョンアップしたらプラグインのインストールがわかりにくくなった
無料ブログサービスならSeesaaブログ もお勧め
GoogleBloggeの投稿者名を消す方法がわかったので皆さんにお知らせ
RSSリーダーどれが使いやすい?
色コードの収得に便利な無料ソフト・ウェブカラークリエイター
URLの形式は?ディレクトリ形式?サブドメイン形式
プラグインのCSS(スタイルシート)を縮小してブログの表示速度を早くしよう
FC2ブログの記事をワードプレスにインポート
ドメイン選びの注意点
FTPクライアントソフト「WinSCP」インストールとサーバー接続設定
無料ブログのドメイン形式によって、アクセス数に差が出てくる
WordPressで使っていない画像を探して削除
noimage
ブログのタイトルのSEO対策検索結果の順位を上げよう
外部サイトでも使うことのできる画像形式

Menu

HOME

 TOP