1つのMySQL(データベース)で複数のブログを作る・WordPressの手動インストール

 本格的にFC2ブログのWordPressへの引越しを準備している。

 引越しついでに、このブログも細分化していくつかのブログに分けたいと思う。

 今のままだと、とってもわかりにくいブログになってるんだもん。

 でも、ミニバードのMySQL(データベース)は、5つなんだよなあ。

 5つで足りるかちょっと心配。

サーバーの簡単インストールでは1つのMySQL(データベース)では1つのブログしか作れない

 サーバーの簡単インストールだと、1つのMySQL(データベース)に複数のWordPressをインストールできない。

 ということは、1つのMySQL(データベース)では複数のWordPressブログは作れない。

 でも、手動でWordPressをインストールすれば、複数のWordPressブログが作れるそうだ。

 というわけで、今回は1つのMySQL(データベース)で複数のブログを作るためのWordPressのインストール方法をご紹介したい。

1つのMySQL(データベース)で複数のブログを作る方法

WordPress日本語公式サイトからWordPressをダウンロード

  1. WordPressを日本語公式サイトからダウンロード
  2. ZIPファイルをダブルクリックして解凍する。
  3. できた『WordPress』フォルダを任意の場所に保存。

サーバーのMySQL(データベース)の設定

  1. ミニバードへログイン。
  2. データベースの設定をクリック。
  3. MySQLのパスワードがわからない場合は、MySQLの【パスワード変更】をクリック。
  4. パスワードを入力し【確認画面】のボタンをクリック。
  5. 確認画面が出てくるので、確認して確定する。
  6. *ここで入力したパスワードは後で利用するのでメモしておくこと。

WordPressをインストールするドメインのフォルダにアップロード

  1. FTPソフトを起動させサーバーに接続する。
  2. WordPressをインストールするドメインのフォルダの中に解凍した『WordPress』の中身を全てアップロードする。

WordPressの設定

  1. WordPressをインストールしたドメインの頭にhttp://をつけてブラウザのURL欄に入力し移動。
     例)http://ドメイン
  2. 『さあはじめましょう』のボタンをクリック。
  3. 各項目を記入して【送信】
    [データーベース名]⇒レンタルサーバーで作成したデータベースの名前。
    [ユーザー名]⇒MySQLのユーザー名
    [パスワード]⇒MySQLのパスワード。
    [データーベースのホスト名]⇒サーバーのMySQL情報の「MySQLホスト名」
    [テーブル接頭辞]⇒wp部分を任意の文字に書き換える(この部分を書き換えれば、複数のWordPressをインストールすることが可能だ)。
    【送信】ボタンをクリック。
  4. 【インストール実行】をクリック。
  5. サイト名などを記入して行し、【WordPressをインストール】をクリック。
  6. 【ログイン】ボタンをクイック。
  7. ログイン画面が現れるので、ユーザー名とパスワードを入力して【ログイン】ボタンをクリック。

 これで、WordPressの管理画面に入ることができる。

http://ドメインをブラウザに入力してもWordpressの設定画面に入れない場合の対処方法

 ほとんどのサイトで紹介しているのがhttp://ドメインをブラウザに打ち込んでWordpressのインストール画面に入る方法。

 このブログもhttp://ドメインをブラウザに打ち込んだ時点でWordpressの設定画面に入れた。

 が、先日、もうひとつブログをFC2ブログから移転させようとWordpressを手動でインストールしようとしたところhttp://ドメインをブラウザに打ち込んでもWordpressの設定画面に入れない事態になった。

 Wordpressのアップロードそのものは成功しているし、特に問題がなかったはずなのだが、なぜかhttp://ドメインをブラウザに打ち込んでも「お客様のホームページがアップロードされていません」の表示しか出てこない。

 偶然、解決方法を見つけたので皆さん以後紹介しておく。

1.index.htmlを削除する。

 サブドメインを作ったり独自ドメインを登録したりしたときにサーバーが自動で作るindex.htmlを削除する。

 この方法は、いろいろなサイトで紹介されているのだが、おいらの場合はindex.htmlを削除してもWordpressのインストール画面に入れなかった。

2.http://ドメイン/wp-adminをブラウザに貼り付けて移動させる

 いろいろ調べてもわからなかったので、ためしに「http://ドメイン/wp-admin」をブラウザのアドレスバーに貼り付けて移動してみた。

 見事にWordpressの設定画面が現れた。

 皆さんの中でも、Wordpressを手動でインストールしようとしてうまくいかず、Wordpressのインストール画面が現れないという人は「http://ドメイン/wp-admin」をブラウザのアドレスバーに貼り付けてみるとWordpressのインストール画面「さあはじめましょう」が出てくるかもしれない。

 なお、「wordpress初心者・STINGER3カスタマイズ中」の中で 画像入りで説明している。

 やっぱり画像入りのほうがわかりやすいので、上のサイトも見てね。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

人気のフィード(RSS)リーダーfeedlyを設置してみた
お金を掛けたくない人はGoogleBloggerをサーバーにすると良いかも
GooglePlayアプリのダウンロードサイトへのリンクバナーを作ろう
wordpressは半角のダブルクォーテーションが勝手に全角に変換されて表示される
function.phpを含めたwordpressテーマの子テーマ化
色コードの収得に便利な無料ソフト・ウェブカラークリエイター
WordPressコメントフォームのメールアドレス記入を必須項目からはずしてプラグインで注意事項を書き加えてみた
RSSボタンをスタイルシートで作ってみたよ
wordpressテーマSTINGER3のサイドバー【NEW ENTRY】のアイキャッチ画像を削除
シーサーブログのタグ検索でアドセンスを表示させない方法・自由形式編
Google のアカウントをもらおう
Googleにサイトユーザーの対象国を知らせる方法
プロフィールを設定しないとログインIDがただもれになる・WordPressでブログを作る
ページタイトルの問題点と改善点を把握して訪問者を増やそう
WordPress4.0、「ウインドウの高さに合わせてエディターを広げる」機能のON・OFF

Menu

HOME

 TOP