またBaidu(百度・バイドゥ)

 Baidu(百度・バイドゥ)は中国の検索大手。

 でも、たびたびいろいろと問題になる会社だ。

Baidu(百度・バイドゥ)の問題になったソフトなど

 例えば、Baidu IMEの初期設定でパソコンに打ち込まれたほぼすべての情報を利用者に無断で外部に送信していた問題。

 例えば、百度のスマートフォン用IMEShimeji(シメジ)の外部へのデータ送信問題。

 一度インストールされると、削除するのが大変なhao123。

今度はBaidu(百度・バイドゥ)の開発キット

 そんなBaidu(百度・バイドゥ)だが、技術力自体は高いのか、機能は評価が高い。

 中国国内では最大の検索エンジンサービスだし、世界的に見てもGoogleに次ぐシェアがある。

 今回、問題になっているのは「Baidu(百度・バイドゥ)のAndroid用開発キット」。

 この開発キット、情報の暗号化に問題がある。

 この開発キットを使って開発されたブラウザやアプリのも情報漏えいの危険があるという。

 要は

 「開発キットに情報が暗号化されないという問題があって、その開発キットを使ったアプリなども情報が暗号化されないので、入力した情報などが外部に漏れる危険がある。」

 ということらしい。

 しかし、これだけいろいろ問題がでてくると、本当にただのミスなのか、それとも故意に情報を収集しているのか疑問がでるところ・・・。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

IEMを人名地名モードにして名前の入力で楽しよう
『排紙トレーが閉じています』のエラーが出て印刷できないときの対処
シフトキー(Sift)で文節を変えると入力が楽になる
noimage
ゴミ箱からファイルを復元する
このファイルだけは削除しては駄目です!
プリンターから出力された印刷物がかすれる・プリンターヘッドのクリーニング
印刷が勝手に縮小される
PCのマイコンピューターからUSB接続でAndroid末端の中身を見ることができる
Windowsパソコンが無線LAN内臓かを調べる方法
ショートカット騒動
フレッツADSLを使ってる人はうっかりミスにご注意
Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」によるデータの上書き?
Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」
PDFのオリジナルスタンプはペイントとOpenOfficeWriterで簡単に作れる

Menu

HOME

 TOP