スポンサーリンク

WindowsXPのアップグレードの注意

 今のXPのパソコン、調子がいいので、このままOSだけアップグレードして使いたい。

 そんな人も中にはいるかも。

 でも、WindowsXPから、Windows7又は8へのアップグレードはなかなか大変そうだ。

WindowsXPからWindows 7又は8 へのアップグレードの注意

1、WindowsXPからWindows7又は8へのアップグレードのファイルのバックアップ

 Windows 7 又は8には、現在の OS 環境で作成したファイルや個人設定、アプリケーションなどを、そのまま引き継ぐことができる 「アップグレード (上書きインストール) 」と、現在の OS 環境で作成したファイルや個人設定、アプリケーションなどを、そのまま引き継ぐことができない「新規インストール (カスタム) 」がある。
 Windows XP からのアップグレードでは、 「新規インストール (カスタム) 」 のみ選択できる。

 というわけで、ファイル・設定・インストールしたソフト・お気に入り・メールなど全部バックアップをする必要がある。
 これだと、新しいパソコンを買うのと変わらない。
 値段はアップグレード(いや、正確に言えばXPからWindows7の新規インストールだけど)するほうが安く上がるけど。
 Windows 7又は8のWindows 転送ツールを使うと多少楽にバックアップができる。

2、 32 ビット版と 64 ビット版

 Windows 7 又は8のアップグレード パッケージには 32 ビット版と 64 ビット版の2種類がある。
 Windows が 32 ビット版の場合は 32 ビット版の Windows 7 又は8を、64 ビット版の場合は 64 ビット版の Windows 7 又は8をインストールする。

1)XPのビットを確認する方法

1. フォルダ(どれでもいい)を開く。
2. 『ヘルプ』→『バージョンの情報』をクリック。
3.  32ビット版の場合は、Microsoft Windows XP [Version 5.1] と表示され、64 ビット版は Microsoft Windows XP [Version 5.2.] と表示がある

3、Windows XP Professional のユーザーはWindows 7(又は8) Professional または Windows 7 (又は8)Ultimate をインストール。 

 Windows 7(又は8) Home Premium をインストールすると、ドメイン参加など、現在利用している一部の機能が利用できなくなる。

4、Windows8へのアップグレードに必要なシステム要件

・PAE、NX、および SSE2 をサポートする、1 GHz 以上のプロセッサ
・2 GB RAM / 20 GB の空きハード ディスク領域
・1,366 × 768 の画面解像度
・DirectX 9 グラフィックス プロセッサおよび WDDM ドライバー タッチ機能を使用するには、マルチタッチ をサポートする PC が必要。

 現在のパソコンがWindows8にアップグレードするために必要なシステム要件の診断ソフトがMicrosoftからでているので、まず、そちらで確認してからのほうが無難。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする